人類を食糧難から救う⁉ひそかに話題の昆虫食を震えながら試食してみた!

人類を食糧難から救う⁉ひそかに話題の昆虫食を震えながら試食してみた!

【スポンサーリンク】


みなさんこんにちは。

 

トップ画の焦点の合わないハチのイラストが
若干イラっと来ますね。

 

ですが今回は内容が内容なので
写真というわけには行かなかったんです…

 

少しでも皆さんの精神的なダメージを
和らげようとしてこのイラストをチョイスした結果…

 

逆になんか不気味な雰囲気を
醸し出してしまいました。

 

さて、今回の記事タイトルを見て
嫌な予感がした方・・・

 

大正解( *´艸`)☆

 

何のひねりもない、
タイトル通りの内容となっております。

 

「あ、読むの無理だな」

 

こう思った方はその直感を大事にして、
記事を読み進めることなく
そっとブラウザを閉じてください。

 

読まなくても今後あなたの人生に
何の影響もありません。

 

というわけで今回、密かに話題の
「昆虫食」にチャレンジしてみました。

 

純粋な好奇心&自己成長のため…
新たな人生の扉を切り開いてきました!

 

なお、詳しくは言いませんが、今回の記事は
諸事情によりモザイク多め
となっています。

 

ご了承ください。

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

昆虫食を試すという奇行に至った経緯

今回、なぜ昆虫食を試そうと思ったのか。

 

決して「食べたい」とか
「おいしそう」という理由ではありません。

 

ある日、突然思ったのですよ。

 

「人生このままでいいのだろうか」と。

 

  • 新しいものよりも「いつもの」が好き
  • 居心地のいい長野県から出ない
  • 絶叫マシンなどのスリル系大嫌い
  • 期間限定よりいつもの
  • つまりガリガリ君はソーダ以外認めない

 

こんな何の刺激も、新しい経験もない
平凡な人生でいいのか…と。

 

人間として小さな殻に
包まれたままでいいのか…と。

 

 

そしてなにより、仮にもライターという
経験と知識で仕事をする人間が…

 

「新鮮な体験や知識」を
拒否していいのか、
と。

 

 

そんな悩みを抱えながら日々を生きてきた
僕の目に、ある日突然飛び込んできたのが昆虫食。

 

 

「これだ( ゚Д゚)!」(何が?)

 

 

さっそく僕は楽天で「昆虫食」を検索。

 

しかし、ここで問題が。

 

「何を買う?」問題です。

 

そう、昆虫食と一口に言ってもその種類は様々。

 

昆虫食 一覧

※諸事情によりモザイクがかかっております

 

  • コオロギ
  • バッタ
  • サソリ
  • タランチュラ
  • ワーム系
  • 幼虫系
  • タガメ
  • ゲンゴロウ

 

この「何を食べる」という選択は非常に重要です。

 

そこそこデンジャラス
ブログを読んでいる皆さんにも
スリルとサスペンスを与える種類がいい。

 

サソリは意外と美味そうなイメージありません?

よって僕の精神を鍛えるのにも
ブログのネタとしてもインパクト不足。

 

だが、タガメやゲンゴロウ、
タランチュラのような大型は
ンジャラスすぎる。

 

というわけで僕が今回チョイスしたのがこちら。

 

「MIX BUGS」

 

昆虫食 ミックス

※諸事情によりモザイクがかかっております

 

ミックスバグズ…日本語で「ごちゃまぜの昆虫」。

 

その名にふさわしく、パッケージを見ると
コオロギ2種類と幼虫系2種類のミックス…

 

おえっ( ゚Д゚)。。。。

 

だが…

 

 

 

「これだ( ゚Д゚)!」(何が?)

 

そこそこ僕の精神に対する破壊力…
もとい精神を鍛える効果があり、
なおかつブログのネタ的にもそこそこデンジャラス。

 

こうして僕はミックスバグズをポチったのだった。

 

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

昆虫食とは

テレビなどで罰ゲーム的に使われる昆虫食。

 

一番やってはいけないのは
食べもせず否定・批判すること。

 

そして面白半分だけで食べるのも
昆虫や昆虫食を愛する方々に対しても失礼。
タイトルや冒頭からすでに失礼だけどな)

 

というわけでミックスバグズが届くまでの間、
ちょっと真面目に昆虫食について調べてみました。

 

世界における昆虫食

まず、世界における昆虫食について。

 

日本ではゲテモノ扱いされてしまう事の多い昆虫食。

ですが、世界を見てみると
かなりメジャーな食糧であると言えます。

 

 

  • 日本を含むアジア 29か国
  • 南北アメリカ   23か国
  • アフリカ     36か国

 

計88か国もの国と地域で昆虫は
食料として食べられています。

 

日本が「国」として認定しているのが196か国。

そのうち約44%もの国で昆虫を食べているのです。

 

もちろん、国の中でも地域差はあるはず。

 

ですが、それを加味しても昆虫食は決して
「世界のごく一部の地域・人が好む嗜好品ではない」
ことが分かります。

 

昆虫食のメリット

昆虫食には様々なメリットがあり、
食料として非常に優れています。

 

  1. 栄養が豊富
  2. 育成効率が良い
  3. おいしい(らしい)

 

まず栄養ですが、
昆虫は他の食品と同じ量で考えた場合、
非常に栄養素の高い食材であると言えます。

 

 

  • タンパク質
  • 必須アミノ酸
  • カルシウム
  • マンガン
  • 鉄分
  • マグネシウム
  • 各種ビタミン

 

乾燥重量の60%がタンパク質で、
必須アミノ酸も豊富に含んでいます。

 

1kgの肉より1kgの昆虫の方が
栄養価が高いと言われるほどです。

 

そのため、国によっては嗜好品どころか、
立派な栄養源として重宝されています。

 

また、育成効率も非常に高いです。

 

例えば牛や豚を育てるには
期間や食事、スペース、環境が必要です。

 

しかし昆虫であれば比較的少ない餌とスペースで
簡単に繁殖させることができます。

 

熱帯魚とか爬虫類を飼った経験のある方は…

 

バケツ

 

ショップで…アレ、見たことありますよね?
※詳しく解説しません。

 

味についても、
特に「不味い」という声は聞かれません。

 

  • 「意外とおいしい」
  • 「クリーミー」
  • 「エビ(カニ)みたい」

 

と、日本昆虫食協会から「袖の下」もらって
感想言わされてるんじゃねえか?というほど
ステマの匂いぷんぷんの感想が並びます。

 

そんな協会ありませんけど( *´艸`)

 

 


※諸事情によりモザイクがかかっております

 

えっ( ゚Д゚)!?

 

あるの( ゚Д゚)!?
※適当に言ったんですがマジでありました

 

味についてはあとで解説します…( ゚Д゚)

 

昆虫食のデメリット

そんな昆虫食にもデメリットがあります。

 

 

 

気持ち悪い(‘Д’)!

 

ムリムリムリムリムリムリムリムリムリ( ゚Д゚)!
(J〇JOっぽく)

 

 

・・・え( ゚Д゚)?

 

長野県民だし昆虫食くらい楽勝だろって?

 

 

食わねえよ( ゚Д゚)!

 

イナゴやザザムシなんて
お土産屋さんでしか見たことねえよ!

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

パッケージおよび原材料確認(震え声)

そうこうしているうちに
届いたミックスナッツ( *´艸`)♡
(ナッツではなくバグズですけど)

 

ミックスバグズは名前が可愛くないので
ミックスナッツで押し通す。

 

そう言ったほうが精神的ダメージ少ない気がする。

 

まずはミックスナッツのパッケージ。

 

昆虫食 パッケージ

※諸事情によりモザイクがかかっております

 

限りなく写真に近いイラスト…

食欲をそそ…りま…す。(震え声)

 

続いて…裏面の原材料を確認。

 

昆虫食 原材料

※諸事情によりモザイクがかかっております

 

  1. シルクワーム
  2. フタホシコオロギ
  3. ヨーロッパイエコオロギ
  4. サゴワーム

 

うん、1つも聞いたことがねえ。

 

…聞いたことがある
名前だったらそれはそれで無理だけど。

 

背中がブルブル震え、一瞬だけ開けるのを躊躇。

 

だが、せっかく1600円+送料も出して買ったんだ。

 

15gだから…1g100円以上…
銀1gよりも高い高級品。

 

意を決して、開けてみた。

 

昆虫食

※諸事情によりモザイクがかかっております

 

…想像した以上にそのまんま!

 

ムリムリムリムリ( ゚Д゚)!

 

この時点で脇と額からダラダラ汗が流れる。

 

これはさすがに食えない。

 

せめてちょっとでも食欲が湧くように
飾りつけというかなんというか…

 

これ、あれだな。

 

この無機質な白い皿がいけないな。

 

このせいで食材たちの
グロテスクさが際立ってんだな。

 

よし、可愛い皿に盛りつけよう。

 

たしか昔100均で買った
ネズミーマウス(著作権配慮)の
可愛いしょうゆ皿があったはずだ…

 

昆虫食

※諸事情によりモザイクがかかっております

 

これはこれでダメだ( ゚Д゚)!

 

黒い皿がより狂気を引き立たせている。

 

黒魔術の儀式で供える生贄にしか見えない。

 

もっとファンシーな皿があったよな…

 

昆虫食

※諸事情によりモザイクがかかっております

 

うん…

 

皿のせいじゃない( ゚Д゚)!

 

むしろ皿をファンシーにしたことでまるで

「シルバ〇アファミリーで凶悪事件が起こるような」

猟奇的な雰囲気だけが際立ってしまった。

 

もうなんでもいいわ…(;´・ω・)

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

いざ、勇気を出して実食!

じゃ…食べるか。(涙目)

※ここから先は文字のみでお楽しみください

 

 

小さい幼虫(たぶんサゴワーム)

まずは一番抵抗感の小さい物から…小さな幼虫。

 

これなら何とかなりそう。

 

目を細めれば…

賞味期限の過ぎたサプリメント
くらいに見えなくもない。

 

思い切って口に入れる。

 

「ああああ( ゚Д゚)」
となりながらも噛み砕く。

 

触感は「硬さの弱いじゃが〇こ」。

サクサクした触感は決して悪くない。

 

んで、肝心の味を一言で言うと…

 

 

「クセの強いかっぱ〇びせん」(語彙力)

 

慣れると別に不味くはない。

だがまあ、決してうまくもない。

 

なんつーか…

 

大地の味がする。

 

小さいコオロギ(たぶんヨーロッパイエコオロギ)

次はいよいよ目とか足のある小さいほうのコオロギ。

 

「彼」と目が合わない様にして口に入れる。

 

こっちも触感はサクサク系。

 

味は…

 

「クセの強い〇ゃがビー」(語彙力)

 

ポテトを乾燥させた系のお菓子みたいな味。

 

ただし、鼻に来る風味は
間違いなく昆虫というか生物のアレ。

 

なんつーか…

 

大地の味がする|д゚)

 

でかい幼虫(たぶんシルクワーム)

さて…続いて2cmほどの幼虫食うか…

 

見た目は

「収穫時期が遅れて育ち過ぎたレーズン」。

 

大きさが変わっただけだが、
抵抗感はケタ違いに上がる。

 

ちょっと固めの麩菓子みたいな触感。

 

味は一言で言うと…

 

 

クセの強い〇ゃがビー」(語彙力)

 

ただ、目をつぶって食べたら別に不味くない。

 

っていうかこれに関しては僕、嫌いじゃないかも。

 

じゃ〇ビーの代わりになりそうな感じ。

 

まあ…

 

じゃが〇ー買うけどな。

 

なんというか…

 

大地の(以下略)

 

でかいコオロギ(たぶんフタホシコオロギ)

さて…いよいよラスボス。

 

さっき食べたコオロギの
倍くらいある2cmくらいのコオロギ。

 

バラ〇スの城に初めて
入るときのような緊張感。

 

全身の毛穴から嫌悪感があふれ出す。

 

過呼吸になりかける。

 

あと感情に反して笑いが出る。

 

食べるのに5分くらい迷った。

 

だって目が合ったんだもん

 

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

目が合わないようにお尻からかじる。

 

まさしくおしりかじり虫。
(懐かし)

 

ってかこのあたりからあんま記憶がない。

 

何とか覚えている味を一言で表すと・・・

 

クセの強い〇ゃがビー」(語彙力)

 

でもいつまでも鼻の奥に残り続ける
強烈な風味は間違いなく生物のアレ。

 

大地のエネルギーを存分に吸収し、
巨大化したラスボスにふさわしい
強烈な大地の風味。

 

なんというか…

 

穀物ときのこ一緒に食べてるみてえ…

 

昆虫食を終えて

ちょうどこの記事を書いている日に、
テレビで有名なインフルエンサーの女の子が
昆虫食やってて「あ、先越された」って思った。

 

この記事を
書き終わってからやれ。

 

と言わずにはいられない。

 

バズるチャンスを逃した。(笑)

 

おかげでこの記事も一部のマニアしか
見ないで終わりそうだなあ…

 

と言うわけで今回は昆虫を食った。

 

多分もう食べない。

 

なにせ1g100円以上。

 

1日の食事代何万円かかるねん。

 

【スポンサーリンク】