【季石庵】 ラーメン 長野市 ランチブログ

【季石庵】 ラーメン 長野市 ランチブログ

【スポンサーリンク】


このお店、2018年10月に
ランチサービスを
停止したようです。

 

残念。

 

一応過去にこんなランチ
やっていたよ、
ということで
削除せず掲載しておきます。

 

 

どうも!海の男!TAKAHIROです!

 

…年に1回は上越行っているので、
海の男を名乗ってもいいのではないでしょうか。

 

2018年には上越水族館がリニューアルします。
僕の好きだったピラルクはいるのでしょうか。

 

ペンギンとかイルカとかどうでもいいんです。

 

ピラルクが恋しいです。

 

さて、そんな巨大魚に恋い焦がれる男が
本日やってきたのは季石庵。

 

普段は居酒屋、というより割烹かな?

ランチ限定で
「鯛ラーメン」をやっているとのこと。

 

魚類の中で最もタイが好きな私。

ラーメン大好き小池さん。
(ネタが古い!)

 

食べずにはいられません。

 

タイやヒラメの舞踊りをしながら
早速入ってみました。
(意味が分からん)

 

お店

お店は長野市の「かるかやさん」という信号のあたりです。

 

かるかやさん?

 

「かるか屋さん」?(何屋だよ…)

「かるかや産」?(何の産地だよ…)

「かるかや山」?(市街地ど真ん中…)

 

正しい地名がわかりません。

 

とにかくかるかやさんの近くです。(雑)

 

長野駅をまっすぐ行くと
アゲインに出るんですが、
そこを右に曲がるとかるかやさんの十字路です。

 

そこにバッグ屋さんがあるんですが
その横に季石庵があります。

 

って説明めんどくせ―!

ググレ!

つかむしろ地図埋め込んでやる!
(最初からやれよ)

 

近くにオレンジペコという
おしゃれな美容院?美容室?があります。

 

オッサンの僕には美容院と美容室の違いが分かりません。

 

そういえば昔友人が
ここで髪を切っていたそうです。

 

僕にはあんなおしゃれな床屋(床屋じゃねーよ)
で髪を切ってもらう勇気はありません。

 

おひとり様での入りやすさ・居心地の良さ

格式高い感じですが、
入りにくさは全くありません。

 

むしろオッサンだからこそ入りやすい。

 

中は適度に薄暗くて居づらさもまったくないです。

 

1人でもグループでも入りやすい
優しい雰囲気のお店です。

 

これは夜も是非来てみたい!

 

んでちょっと
いいお酒なんか頼んでみたい!

 

…高そうだなあ…(笑)

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓



食べたメニューとお値段

食べたメニューは
平日ランチ限定の
鯛ラーメン 700円(税込み)

 

タイのみを使用した出汁で作った鯛ラーメン!

 

これだけ手の込んだラーメンを
税込み700円で出すなんて…

 

うちの近所の○○に言ってやりたい!

営業努力が足らん!(笑)

 

まず、第一印象というか第一嗅覚。

磯の香りが非常に強い。

 

運ばれてくるちょっと前から
もう磯の香りが漂ってくる。

 

服に匂いが
染みつくんじゃないかと言うくらいの
強烈な磯の香り。

 

鯛が嫌いな人にはお勧めできません!
(頼まねーよ)

 

でも逆に魚介系が好きな人にはたまらない
と思います。

 

それくらい鯛の香りと味が強い。

 

麺は自家製麺のような中太面。
スープは澄んでいて、
塩ラーメンに近い感じです。

 

味は濃いめ。

 

ただし、柚子胡椒と大葉、
さらに大量のネギで
さっぱりと最後まで
飽きずに食べられます。

 

強い香りは好き嫌いが分かれそうですが、
魚介が苦手じゃなければ絶対にお勧めできます。

 

気になった点

いや、しかし、一つだけ気になった点が。

最初のメニューを思い出してください。

 

対ラーメンとつけそばの上に鯛の絵がありますよね!
あのタイの絵が気になります!

 

誰が書いたんだ!
あの躍動感あふれる鯛の絵!(笑)

 

思わず見とれてしまいました。

 

しっぽが良いですね。
クリンとしてて。(笑)

 

…はっ?

店で気になった点?

 

あるわけないだろ。

 

まとめ

こういった手の込んだ系のラーメンって、
大体900円とか
1000円越えするじゃないですか。

 

なのに税込みで700円!

 

安いっ!

安すぎる!

 

一見敷居が高い感じの
高級な店構えですが、
この値段なら気軽に入れますね。

 

夜は気軽かどうか知りません。

 

うっかり入って
財布すっからかんに
なっても知りません。
(あくまでイメージです)

 

それはさておき
お昼に魚介系の磯の香り
満点ラーメンが食べたくなったら
季石庵へどうぞ!

 

【スポンサーリンク】