僕は犬が好きだが愛犬家は嫌い

僕は犬が好きだが愛犬家は嫌い

【スポンサーリンク】


皆さんこんにちは。

突然ですが僕は動物が大好きです。
だけど動物が大好きな奴が苦手です。

 

もちろん普通に動物が好きな方はいいんですが、
どんなジャンルにも行き過ぎた人はいるもので…

 

その対象が好きなあまり
周りが見えなくなる
迷惑極まりない連中がいるんです。

 

 

例を挙げると

【愛犬家】
【愛猫家】
【愛妻家】

…すみません、3つ目は違います。
独身者の妬みが混じってしまいました。

 

僕は幸せそうな夫婦を見る度に
「タンスに足の小指ぶつけて5秒くらいもだえる呪い」
をかけるようにしています。

 

そのくらいは許されるはずです。

 

 

…何の話でしたっけ?

ああ、そうそう、愛犬家や愛猫家の話です。

 

どうでもいいですけど、
「あいけんか」の語呂の良さに反して
「あいびょうか」ってどうなんですか。

 

「僕、あいびょうかなんです」
なんて言われたら
新しい診療科かな?と思わずにはいられません。

 

 

また話が逸れました。

愛犬家や愛猫家の人たちって
動物好きがすぎるあまり
「こんなに可愛いんだからみんなも好きに違いない!」
という考えのもと、
変な押し付けをしてくる時ってないですか?

 

大型犬の散歩なのにリードを
ゆるゆるに持って
子供のそばを通りすぎるおばさん。

 

たぶん指摘するとこういうのでしょうね。
「この子はおとなしいから大丈夫よ~」

 

僕は「犬は大丈夫なのか?」なんて聞いていません。

 

 

 

 

「お前の頭は大丈夫か?」

と聞いているのです。

 

普段おとなしくても何かにびっくりして
パニックになった拍子に近くにいる人を
噛んでしまう可能性はゼロじゃありません。

 

小型犬ならけがで済みますが、
大型犬は「悲惨な事故」につながる
可能性もゼロではありません。

 

ワンちゃんの口はちょうど
子供の首元と同じ高さに
あることを忘れてはいけません。

 

 

言い方は悪いですが、動物は動物。
理性があるわけではありません。

ワンちゃんを数値化して
グラフにするとこんな感じです。

ほぼ本能に従って生きています。

たぶん人間だとたぶんこんな感じに…

 

…すみませんこれ僕のデータでした。

まあ、大体間違ってないと思います。

 

…日曜の夜にこんなグラフ作ってるなんて
知り合いには知られたくない…(笑)

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

勘違いしないで欲しいのは、
僕は動物が好きな事です。
というより生き物全般好きです。

 

例え事故が起こっても
ワンちゃんは悪くないのです。
悪いのは甘い管理をした飼い主です。

 

愛犬家の皆さん。
自分の家族を信頼するのは構いませんが、
「犬は犬」
ということは自覚してください。

 

万が一を万が一にも
起こさないよう、リードはしっかり持ってね。

 

こういう散歩風景は日常茶飯事ですが、
他にも犬が苦手と言っているにも関わらず
「この子はおとなしいから…(以下略)」
といって無理やりムツゴロウさん並みの
触れ合いをさせようとする凶悪な愛犬家もいます。

 

たぶんその人たちの頭の中では
「楽しく触れ合った経験がないんだわ!」
「うちの可愛い○○ちゃんと触れ合えば…」
「犬が好きになるはず!」
(ミュージカル調に)

 

という謎理論が
形成されているに違いありません。

 

これで僕の友人は昔、知人宅で無理やり
レトリーバーと触れ合わされた挙句、
興奮した人間大好きレトリーバーちゃんに
追い掛け回されて
「犬が苦手」から「犬恐怖症」に
ジョブチェンジしました。

 

本気で泣きそうな友人と
遊んでくれてると
勘違いしたレトリーバーちゃん。

 

それを見て微笑む飼い主のババア。

カオスな光景だ…(笑)

 

犬好きってこういうの多いですよね。

 

 

あ、犬といえば「犬」というと怒る人もいますよね。
「犬じゃない、【ワンちゃん!】動物扱いしないで!」

 

こういう人は「エサ」といっても怒ります。

 

餌は動物が食べるもので、
家族が食べるものは
「ごはん」だそうです。

 

反論も面倒なので
その場はちゃんと謝るようにしています。

 

「…ちっ。めんどくせえ(あ、そうかごめんねえ!)」

…時々本音と心の声が逆になります。

 

 

大変面倒ですが、こういうどうでもいい信念をもった
相手の説得は難易度が高く疲れますし、
説得できたところで
僕の人生に何のプラスにもなりません。

 

面倒ですがこっちを気を遣って
会話するしかありません。

 

ただ、イマイチ納得できないのが
先日その友人と遊んだ際に
「今日は【ワンちゃん】お留守番?」
と聞いたところ

 

「うん、ちゃんと【置きエサ】もばっちり!」
と素敵な笑顔で言われました。

 

 

…なんだかなあ…

犬ってとってもかわいいですし
気持ちそのものは理解できますが、
その気持ちを
他人に押し付けたらだめだよ、って話です。

 

 

世の中犬が好きでたまらない
僕のような人間ばかりとは限らないのですから。

 

 

ちなみに僕は構いすぎて
ワンちゃんからウザがられて嫌われるタイプです。

 

最初はあんなに喜んでくれるワンちゃんも
なぜかだんだん僕から
距離を取るようになります。

 

ただし元気いっぱいの時は
僕の所に寄ってきます。

 

だけど普段は近づくと明らかに
「ウザ~…」
って顔をされます。

 

 

あああああ!
動物って意外と表情豊か!
分かりたくないのに
何考えてるかわかっちゃう!

 

…僕はこんなに好きなのに!

 

…愛が伝わらないって悲しいですね。

 

ちなみに猫も好きですよ。

今度はネコ愛にあふれた
記事を書こうと思います。

 

なお、今回の記事も毎度おなじみの
偏見と独断と一方的な認識で
構成されています。

 

苦情は受け付けますが改善はしません。

 

あしからず。

 

【スポンサーリンク】