長野県の年寄りはサイボーグではないかと疑っている

長野県の年寄りはサイボーグではないかと疑っている

【スポンサーリンク】


みなさんこんにちは。
最近なんだか
記事の更新頻度が増えています。

 

「記事の更新が遅い」

と友人数人から苦情が来ていることを
気にしているわけではありません。

 

大体こんな記事を読んで
いったい何になるというのでしょうか。

 

毎回読み返しておもうのですが、
書く方も読むほうも
人生において壮大な時間の無駄使いを
しているのではないでしょうか。

 

なのでできる限り更新は
人生の時間の無駄使いを
したいときに限定しています。

 

貴様らごときに
指図されるいわれはないのです。

 

 

とはいえ、僕にはブログで稼ぐという
壮大な夢があります。

 

働かずに収入を得るという野望があります。

 

だけどもっと簡単な方法でお金を稼ぎたい。

と言うことでみなさん、
僕の夢に力を貸してください。

 

ドラ〇ンボールでいえば元〇玉です。

 

「地球のみんな、おらに現金を分けてくれ!」

 

世界中から1人1円ずつもらえば僕は
60億近い現金を手に入れられる計算です。

その第一歩として日本中から1円ずつ集めて
1億3千万円手に入れる所から始めたいと思います。

 

こんなことを臆面もなく言えるあたり
大物の素質はあると思います。

 

 

さて、本題に入りたいと思います。
毎回前置きが長いですね。

 

でも前置きを楽しみにしているという
声もあるので頑張ります。

 

 

今日は長野県のお年寄りについてです。

僕はかねてから長野県の年寄りは
「サイボーグ」なのではないかと思っています。

 

…いやいや、僕の頭は
不正常なベクトルではありますが正常です。

変な薬もやってませんし、
妙な電波も受信していません。

 

 

いやいや、僕の頭を疑いたくなる気持ちは
十分わかりますが、
まずは僕の話を聞いてください。

 

僕の理論と根拠を聞けば
きっと皆さんも同じことを
思うに違いないのです。

 

いいですが、もう一度言います。

 

「長野県の高齢者はサイボーグです」

 

この日本政府がひた隠しにする
事実を、このブログを見ている
皆さんだけに教えたいと思います。

 

 

僕はかねてから疑問に思っていました。

「長野県は厳しい環境なのになぜ長寿県か」

 

皆さんも不思議に思いませんか?

 

 

まず、長野県は県外の皆さんが
思っているほど涼しくありません。

 

「長野県は涼しくていいわねえ」
と寝言をほざく県外のババA…マダムがいますが、
長野県で比較的涼しいのは軽井沢とか白馬です。

 

他の地域はあまり涼しくないです。

長野県だって普通に夏は35度は越えます。

暑さに弱い僕は毎回夏に死にかけています。

僕が体調不良で死ぬのはおそらく夏です。

そして病気で死ぬなら多分胃腸系です。

事故なら間違いなく女性から刺されて死にます。

 

 

そんな不吉な僕の死因予測ですが、
そこにランクインされてしまうほど
僕は夏に弱いです。

 

 

…余談もいいとこですね。

話が逸れました。

 

そして冬はイメージ通りです。

 

寒いうえに豪雪地帯です。

 

僕が昔住んでいた村では-14度という
気温になったことがあります。

ペットボトルを冷蔵庫に入れないと凍るのです。
浴槽に張った水の上部が数センチ凍るのです。

 

朝起きたら車が行方不明になるのです。
目の前の雪の壁をどかしたら車が発掘されました。

 

 

「夏暖かく、冬涼しい」
これが長野県の実態です。

 

 

こんな寒暖差の大きい長野県でも、お年寄りは元気です。
夏の炎天下でも毎日畑をやっています。

 

若者がバタバタ倒れても
お年寄りは元気に何時間も畑をやっています。

 

冬はもっと恐ろしいです。

 

長野県には「野沢菜」という漬物があるんですが、
この野沢菜、実は冬に洗うのです。

冬の身を切る寒さの中、近くの川で
じゃぶじゃぶと何時間も野沢菜を洗うのです。

 

しかもみんな元気です。

 

僕がお年寄りなら辛くて心が折れてしまうでしょう。

 

 

このようなこの環境の中、
長野県の年寄りは元気に黙々と働くのです。

 

 

 

 

普通の人間で
あるはずがないですよね。

 

と言うわけで長野県のお年寄りが
サイボーグであることに疑いの余地はありません。

 

 

ワ〇ピースの〇ランキーを
想像してもらえばいいと思います。

 

もしくはパシ〇ィスタです。

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

僕の推測によると長野県のお年寄りは

 

1913年にデスバレーで記録した
世界最高気温の56.7度から

最近南極で観測された
世界最低気温の-98度まで

耐えられる設計になっています。

 

燃料は野沢菜と米です。
とても地球環境に優しいエコな
サイボーグです。

 

僕のじいさんもとても
頑丈なサイボーグでした。

 

タバコは体に悪いと言われていますが、
僕のじいさんはケツから
ヤニが出るほど吸いまくって
いたにも関わらず晩年まで畑仕事をやり、
比較的長生きしました。

 

今考えるとあのじいさんは
ヤニが燃料だったに違いありません。

 

 

書いてて思ったんですが、
この記事の着地点はどこなんでしょう。

 

 

僕の記事は毎回ジプシーです。

 

さまよってます。

 

さまようよ〇いです。

 

いまならホ〇ミスライムがセットです。

 

 

こんな記事を書いておいてなんですが、
僕が言いたいことはそんなことではないのです。

 

 

7月中旬より約2週間、
日本列島で酷暑が予想されます。

僕が住む長野県でも連日35度以上
気温が上がるそうです。

 

日本列島の皆様、
熱中症にはお気を付けください。

 

僕も昔経験しましたが、
不調を感じてからでは遅いです。

不調を感じて数分後には
ろれつが回らなくなり
全身に寒気と震えが襲います。

 

幸い職場だったので
死ぬことは有りませんでしたが、
自宅ならたぶん死んでいました。

 

不調を感じる前に大げさなくらい
対策を取ってください。

 

こんな記事書いといてあれですが、
人間はサイボーグではないのです。

 

 

「自分だけは大丈夫」

この訳の分からない過信が
人間を殺すのです。

 

 

こうして最後にちょっといい話をぶっこんで
記事のバランスを取ろうとしましたが
見事に失敗した感じがします。

 

こんな記事ですが、
特に直しもせずに公開します。

 

なぜならここは僕のブログだからです。

 

【スポンサーリンク】