WEB記事は一番最初に「結論ありき」で書かなければいけない

WEB記事は一番最初に「結論ありき」で書かなければいけない

【スポンサーリンク】


みなさんこんにちは。

 

WEBライティングでは、
リード文、つまり冒頭の書き始めには

【結論を先に持ってきてください】

 

それにより、記事を最後まで
読んでもらえる可能性が高くなります。

 

サイトは記事を
読んでもらわないと意味がありません。

 

最後まで読んでもらうことによって
記事の下のほうにある広告や
アフィリエイトバナーを

見てもらいやすくなります。

 

また、商品紹介のページなら
さらにその商品の魅力を掘り下げた
文章を読んでもらえるようになります。

 

そのためにはユーザーに最後まで
記事を読んでもらう必要があります。

 

そのために
「結論を先に書く」必要があるのです。

 

■なぜ結論を先に書くと読んでもらいやすくなるのか

 

ユーザーはWEBサイトに
「分からないことを調べに来た」わけです。

 

ユーザーは開いたコンテンツサイトが
自分の欲しい情報をくれるサイトかどうかを
数秒で判断します。

 

結論を先に持ってこないとユーザーは
「このサイト長そう」
「何が言いたいかわからん」
「じゃあ他のサイト行こう」
となってしまいます。

 

もし、結論が先に書かれていると

「なるほど、そういうことなんだ。」
「でもどうしてこの結論になるのかな?」
「もう少し読んでみるか…」

となるわけです。

 

 

WEBサイトを見ている人は

  • 超せっかち
  • 超飽き性
  • 超わがまま

だと思ってください。

 

 

小説や漫画のようにオチ、つまり
最後に書かれた結論まで
我慢して読んでくれません。

 

興味がない、何が言いたいか
わからないと判断したら
数秒でブラウザバックを押されます。

 

これが小説とか漫画なら1ページ目で
捨ててしまう人って中々いませんよね?

 

そもそもミステリー小説で
オチから書く馬鹿はいません。

 

稀にそういう手法の小説もあるけど。

 

基本的には謎が謎を呼び、
読者を惹きつけて最後に
オチというか結論が書いてある。

という作品がほとんどでしょう。

 

 

ですが、WEBの場合は
まさに犯人(答え)から先に書くのです。

 

でないとせっかちでわがままなユーザーは
さっさと他のサイトに移ってしまいます。

 

小説を書くのが好きで
WEBライターになった方は
この「結論を後から書く」手法を
多用する傾向があります。

 

僕もそうです。

 

ですが、WEBコンテンツを
書く場合はこの方法は忘れて、
答えから書き始めるようにしてください。

 

■ユーザーにとってWEBページは情報以外の価値が無い

 

しかし、なぜユーザーは
小説や漫画のように
WEBを最後まで読まないのでしょうか。

 

WEBと言うのは基本的に
誰でも無料・無償で閲覧できるものです。

 

つまり見た人にとって基本的に
【必要な情報以外の価値】がありません。

 

知りたいことをさっさと
教えてくれない
サイトに用は無いのです。

 

 

小説や漫画はユーザーが
お金を出して購入します。

 

面白そうだと思って
500円~1000円近く出して買った小説。

 

冒頭見て犯人の名前が
書かれていないからといって捨てますか?

 

多分ほとんどの人が
オチまで読むでしょう。

 

なせなら小説にはユーザーにとって
「娯楽」「金を出して買った」と
いう2つの価値があるからです。

 

多少つまらなくても
元を取ろうと最後まで読むはずです。

 

 

一方、WEBページは家で
無料で見られる
テレビドラマのようなものです。

 

キャストや冒頭のストーリーを見て、
つまらないと思ったら
すぐにチャンネルを切り替えますよね。

 

WEBコンテンツはユーザーが
お金を出して買ったものと違って
いつでも捨てられるページなのです。

 

なので一番最初の出だしから
結論ありきで必要な情報を
一番最初に提供しないといけないのです。

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

■具体的な書き方

 

たとえばダイエット記事を書くとしましょう。

 

〇結論を先に持ってこない記事の場合

いくら運動しても痩せない体…
落ちない体重…

毎日鏡を見ては悲しくなってしまう毎日…

その気持ちよくわかります!
私もそうでした!

私も昔、かなり太っていて、
毎日男性にからかわれて辛い日々を送っていました。

小学校から高校まで本当に辛い日々でした。

特に密かに好きだった男性から
「やっぱお前、太ってんな」
と言われた時は本当に悲しくなりました。

だから私はダイエットを決意!

私が痩せることができたその秘密は
「TAKAHIRO MAGIC」です!

このTAKAHIRO MAGICは1日たった
5分の運動で脂肪燃焼効率を高めて
全身の脂肪を燃やしちゃうんです!

 

…とこうなるわけです。

こんなWEB記事出てきたらイライラするでしょう?

 

お前の悩みなんかどうでもいいから
さっさとダイエットの方法教えろよ!
お前の好きな人なんか知らねえよ!

 

とほとんどの人が思うでしょう。

 

この記事にたどり着いた人のほとんどは
痩せたい人のブログを見たいんじゃなくて
「痩せる方法を知りたい」のです。

 

なんだかよくわからない出だしの
サイトにがっかりし、ブラウザバックして
他のサイトに移られて終わりです。

 

ダイエット記事なんて腐るほどありますからね。

 

いくら運動しても痩せない体…
落ちない体重…

毎日鏡を見ては悲しくなってしまう毎日…

その気持ちよくわかります!
私もそうでした!

私も昔、かなり太っていて、
毎日男性にからかわれて辛い日々を送っていました。

 

このあたりで多分離脱されるでしょうね。

文体と言うか、文章の流れとしては
読みやすいし正しいんですがね。

 

 

〇結論を先に持ってくる記事の場合

数か月で確実に痩せるなら
「TAKAHIRO MAGIC」です!

このTAKAHIRO MAGICは1日たった
5分の運動で脂肪燃焼効率を高めて
全身の脂肪を燃やしちゃうんです!

私も昔は太っていたんですが、
このTAKAHIRO MAGICのおかげで
100キロあった体重が3ヵ月で
60kgになりました。

特にウエストが驚くほどのスピードで
引き締まっていくのが分かったんです。

痩せたいという気持ち、私には痛いほどわかります。
私も昔から太っているという理由で
好きな人にもからかわれてきました。

だからこのTAKAHIRO MAGICで痩せて
みんなをびっくりさせてやりました!

 

とこうなるわけです。

 

ちなみに分かってるとは思いますが、
TAKAHIRO MAGICなんて商品はありません。

 

誰かが融資してくれたら作りますよ?

 

あと、3ヵ月で40kg減ったら
多分やばい病気なので病院行ってください。

 

■まとめ

 

今回の記事も結論を先に持って来てみました。

 

これによって最初見たときに
「え、なんで最初に結論を書くの?」
と興味を持って
最後まで読んだのではないでしょうか。

 

WEBを見る人は基本的に

  • 超せっかち
  • 超飽き性
  • 超わがまま

です。

 

最初に必要な結論が書いていないと
すぐによそのサイトに
浮気しに行く最低な奴らです。(笑)

 

そんな人たちの興味を引き付け、
最後まで読ませるために
結論を最初に書く必要があるんです。

 

  • これを使ったらこんな結果が出るよ!
  • これを使うとこんなに稼げるよ

 

という「あなたにとってこんなプラスがあるよ」
と言う情報は真っ先に教えてあげるのです。

 

あ、ちなみに結論から書くのは
商材とか情報コンテンツですよ?

 

ブログとか小説は好きに書いたらよろし。

 

 

尚、「結論を先に書く」は
WEBライティングとして正しい手法です。

 

しかしなぜ先に書くのか、と
いう理由は僕個人の解釈です。

 

一般的かどうかは知りませんし
何かあっても責任持ちません。

 

「無責任だなあ…」
と思うならこんな底辺ライターの
ブログからではなく最初から
ちゃんとした先生に教われ。

 

【スポンサーリンク】