WEBライターの文字単価について考える

WEBライターの文字単価について考える

【スポンサーリンク】


みなさんこんにちは。
今回は皆さんが
気になっている話題ですよ。

 

「WEBライターの文字単価」

 

皆さん気になりますよね?
皆さんお金の話大好きですもんね。

 

僕も大好きです!

 

 

だけど現実問題、
お金がないと生活できませんよね。

 

いくら書くことが好きでも
ボランティアじゃやってられないですよね。

 

特にランサーズなどの
クラウドソーシングで
時給換算300円とか500円とかって
案件やっているライターさんは

 

「本当にこのままで良いのかなあ…」
って思いますよね。

 

「稼いでいる人はいくらでやっているんだろう…」
そんな疑問も出てきますよね。

 

だけど普通先輩ライターの皆さんは
自分の文字単価なんて公表しないでしょう。

 

 

そんな人たちのために、
ここはいっちょ、
この底辺ライターが
ひと肌脱いでやりましょう!

 

僕の文字単価大公開です!

 

今回はそんなライターの報酬についてです。

 

■文字単価ってなに?

 

ライターさんで文字単価が分からない方は
いないと思いますが、
これからライターになる人の
ためにちょっとだけ解説。

 

文字単価と言うのは
ライターさんの報酬を表す数字です。

 

その名の通り1文字書いたら
いくらもらえるのかという数字です。

 

 

ライターさんの報酬は基本的に

「記事の文字数×文字単価」

で報酬が決まります。

 

 

1記事1000文字で文字単価が1円なら
その記事の報酬は1000円です。

 

文字単価が2円なら2000円です。

 

この文字単価が高ければ
高いほど報酬の高い仕事と言えます。

 

 

僕が今まで見た事がある文字単価の仕事は
0.1円~10円まで見たことがあります。

 

10円てすごいですね。

 

0.1円は違う意味ですごいです。

 

 

僕は大体リサーチ込みで
1時間1000文字~2000文字くらい書きますので、
もし文字単価10円だったら時給1万円です。

 

この単価がもらえるならオプションサービスで
土下座して、鼻からうどんを食べながら
記事を書いて差し上げることが可能です。

 

 

0.1円だったら時給100円です。
はなくそほじりながら書きます。

というか受けません。

 

 

ちなみに僕が実際受けた事ある
最高文字単価は1文字5円です。

 

年に1回もありません。

 

■文字単価はいくらが適正?

 

これは非常に難しい問題ですが、
僕個人としては
1文字1.5円~2円が基準と言うか
最低ラインですかね…

 

実際仕事の依頼があったときも
この価格を基準にお願いしています。

 

あ、もちろん得意記事ですよ?
自分の分野でないジャンルの場合は
1円前後です。

 

 

本業として、最低限の生活を送れる金額を
稼げるラインが大体このくらいじゃないかと。

 

この単価を基準に交渉しています。
基本1.5円だけどリライト(書き直し)無し
なら0.8円でも受けますよ、とか。

 

 

ただ、文字単価1.5円あれば
ある程度構成やリサーチに
時間をかけられるので、
質の高い記事を提供することができます

 

大事な所なので強調してみました。
クライアントの皆さん、見てますか?(笑)

 

 

1円以下だとリサーチに
かけられる時間も限られてしまいます。

 

リサーチをしないという意味ではないですよ?

 

 

ただ、文字単価2円でも念入りなリサーチや
取材が必要な仕事だったら割に合いません。

 

手直しが何度も発生するような
クライアントも同様です。

 

こちらのミスやリサーチ不足なら
手直しは当然です。

 

しかしそうではなく
「ニュアンスの違い」で手直しを要求する
クライアントはちょっとだけ厄介です。

 

「もうちょっと全体的にふわっとさせてもらえる?」
(実話)

 

…何を言っているかわかりません。
それこそふわっとした指示は
やめてもらっていいですか?(笑)

 

 

文字単価1円でも手直しが何度も発生する
クライアントの場合、時給800円以下に
なってしまうこともあります。

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

■文字単価はいくらが適正なの?

 

これに関しては
「仕事による」
としか言いようがありません。

 

【1000文字250円(手数料込み)】

 

ランサーズでは
こんな仕事が普通にあります。

 

つまり執筆しても実際に
受け取る金額は200円です。

 

1000文字って初心者だと2~3時間くらい
かかるんじゃないでしょうか。

 

2時間かかったとしたら時給100円です。

 

ただ、一概にひどいとも言い切れません。

 

もし、文章を書いたこともないような
駆け出しライターなら
この金額でも仕方がないのかな、と。

 

品質を問わないのであればこの金額も
まあ、解らんでもないです。

 

 

え、0.25円だけど
品質にこだわるって?

 

……〇ね!

 

 

ある程度品質にこだわるんなら
最低1円以上は出してほしい所です。

 

しかし、品質を問わないクライアントなら
分からんでもないとはいえ、
0.25円というのはいくらなんでも
「知識搾取」「経験搾取」です。

 

内容がどうであろうと、その人が持つ
知識や経験を提供してもらっているにも
かかわらず、たった200円で
それを買おうというのは
どうなんでしょうか。

 

個人的な見解ですが、

  • 品質を問わないなら0.5円~
  • 品質を問うなら1.0円から~

が妥当かな、と思います。

 

あ、品質を問わないと言っても
日本語として成立していないとか
誤字脱字が多いとか論外ですよ?

 

情報が事実でないとかも。

 

それは納品したとは言いません。

 

初心者の頃はそれこそ
0.25円でもやりましたが、
今は0.8円を切る場合は
よほど楽そうでないと受けません。

 

僕のお得意さんの仕事で
「好きなように書いて」
という依頼で0.7円と言うのがあります。

 

こういうのは最高です。

 

誤字脱字は注意しますが、
基本的にはこのブログのような
ノリで書くだけで0.7円。

 

しかも手直し食らったことなし。

 

こういう仕事なら0.7円でも受けますね。

 

■まとめ

 

文字単価に関する認識は
その人のスキルや考え方、得意分野か
どうかなど様々な要素が絡んでくるので
一概に「コレ」と言えません。

 

例えば僕は長野県とかいう
超ド田舎(失礼)に住んでいるんで
文字単価1円で何とか生活ができています。

 

本業ではなく副業なら
0.5円でも十分な額を稼げると思います。

 

1.5円でも受けたくない仕事があります。

 

0.7円でも喜んで引き受ける仕事があります。

 

大事なのは
「単価と仕事が見合っているかどうか」です。

 

ある程度のレベルに達して来たな、
と思ったら自分を安売りせず
徐々に単価を上げていく努力をしましょう。

 

なお、文字単価1.0円の仕事って
ランサーズ内でも比較的高い単価です。

 

提案してくる人たちも
認定ランサーとかが
ちらほら混じってきます。

 

よほどしっかりとした
提案文を書かないと
仕事が獲得できません。

 

文字単価1.0円以上は
プロ、セミプロたちと渡り合うんだ、と
言うことを覚えておきましょう。

 

 

…ぼくですか?
一応プロです。

 

【スポンサーリンク】