クラウドソーシングで仕事を探してみよう

クラウドソーシングで仕事を探してみよう

【スポンサーリンク】


みなさんこんにちは。TAKAHIROです。

 

車のサイドミラーが
自動で畳めなくなりました。

 

洗車の際ちょっと恥ずかしいです。

 

直しに行く時間を
確保したらすぐに直します。(笑)

 

 

さて、今回はクラウドソーシングの
仕事の探し方です。

 

クラウドソーシングには
色々な仕事の種類があってどこから
手を付けたらいいのか分からないですよね。

 

今回はそんな
クラウドソーシング初心者のための記事です。

 

 

ランサーズを例に取ると、
仕事はおおまかに分けて3種類あります。

  • タスク
  • コンペ
  • プロジェクト

それぞれをざっくりと説明していきます。

 

■タスク

 

依頼者が10人とか
100人といった多数の人に向けて
簡単な仕事を募集するいわゆる「作業」。

 

  • 「アンケートに答えて」
  • 「経験談を教えて」
  • 「なんでもいいから書いて」

といった比較的簡単な仕事が多いです。

 

【メリット】

  • 1~2時間で完結する仕事が多い
  • 文章力や品質をそこまで重視されることはなく、
    内容も簡単なものが多いため気軽に作業できる
  • 時間が空いたときに探して
    作業ができるため時間に縛られない

 

 

【デメリット】

  • 誰でもできる分単価が安い
    (タイピングに慣れていない人は時給換算で200円とかザラ)
  • 依頼者によっては
    レギュレーション(約束事)が細かくて割に合わない
  • 自分に合ったタスクを探すのに時間がかかる
  • 開始ボタンを押したら2時間以内に
    作業を終わらせないと評価が下がる

 

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

■コンペ

 

ネーミングなどの募集に多いスタイル。

 

例えば「新しい会社の名前を考えて」という
募集に対して複数の人が
自分の考えたアイディアを提案します。

 

そのアイディアの中から
依頼者が当選作品を決定します。

 

その当選した人に報酬が払われるシステム。

 

【メリット】

  • タスク以上に簡単に応募できる
    (名前書いてその名前にした理由書いて送信するだけ)
  • 報酬は比較的高い
    (10000円~20000円が多い)
  • 名前考えるだけなので簡単

 

 

【デメリット】

  • 競合相手が多い
    (300人以上の応募があることもザラ)
  • 何百人という募集がある中で、
    自分の案が当選しないと報酬はゼロ。
  • いきなり募集を取りやめる依頼者が非常に多い
    (キャンセルの場合、報酬を全員で分けるため30円とかになる)

 

■プロジェクト

 

依頼者の募集に対して
自分のスキルやアピールを提案し、
採用されたら依頼者と1対1で契約し
仕事を進めていくスタイル。

 

依頼内容は比較的
高い品質を求められることが多く、
ある程度の実績がないと
提案を受けてもらいにくい。

 

【メリット】

  • 複数の記事をまとめて請け負うこともあり、
    タスクのように毎回仕事を探す必要がなくなる
  • 報酬は比較的高め~非常に高額
    もちろん安い物もあるが、時間効率が良いので

    少なくともタスクよりは稼げることが多い
  • 品質の高い記事を書けば継続案件につながる
    (クライアントから継続で発注がもらえる場合がある)

 

 

【デメリット】

  • タスクに比べて一定以上の品質が求められたり、
    SEOを意識した文章作りをするなど
    難易度は比較的高くなる
  • 地雷クライアントに当たると非常に面倒
    時給換算でタスク以下の報酬になったり、評価を落とされます
  • クライアントによってはSkypeや
    チャットワークでの打ち合わせを
    お願いされる場合がある

 

 

このように3つの方式には
メリット・デメリットがあります。

 

この中で初心者に
お勧めするのはもちろん「タスク」です。

 

タスクは確かに単価報酬は低いです。
時給換算で100円とか200円とかざらです。

 

初心者で時給300円稼げたら相当すごいです。

 

しかし、高いスキルを
求められないことが多いので、
クラウドソーシングに慣れたり、
タイピングや文章作成の練習に最適です。

 

 

気軽に
「暇だからジュース代かたばこ代稼ぐかなー」
みたいな感じで書いてもOKです。

※ただしあまりに適当な文章を書いたり、
コピペなどのルールを無視した文章を
納品すると「非承認」くらいます。

 

 

まずはタスクでランサーズに慣れて、
スキルや実績を積んだらプロジェクトに
ステップアップするのもいいと思います。

 

コンペはたまたま仕事中にいいアイディアが
思いついたから応募してみるかな、という
程度でいいと思います。

 

人によると思いますが、コンペは
本腰入れてやっても報酬が安定しません。

 

タスクは確かに単純作業ですが、
プロジェクトのように

  • 納品した後でぐちぐち手直しや文句を言われない
    (クライアント様ごめんなさい)
  • 面倒な手直しもない
    (クライアント様ごめんなさい)
  • 気を遣ったメッセージもいらない
    (クライアント様ごめんなさい)
  • クライアントによって納品形態が違う
    というクソ面倒なこともない

    (クライアント様…以下略)

…このようにとにかく気楽です。

 

 

プロジェクトはやりがいがありますが、
色々とルールがあるので初心者には不向きです。

 

まずはタスクでみっちり修行を積みましょう。

 

ちなみにタスクだって馬鹿にはできません。

 

私は最初の1か月、1日2~3時間
タスク作業やったら
1か月の食費稼げましたからね。

 

元々遊びで小さいころから
ワープロ(パソコンじゃないです笑)を
やっていたのでタイピング速度はそれなりに
早いので初心者の方との比較ができませんが。

 

でも初心者でも真面目にやれば
月に数千円~1万なら簡単に稼げます。

 

ライター初心者の方はまずはタスクで
お小遣いを稼いでみてはいかがでしょうか?



クラウドソーシング「ランサーズ」

 

【スポンサーリンク】