クラウドソーシングのプロジェクトに挑戦!でもその前にちゃんと条件を確認!

クラウドソーシングのプロジェクトに挑戦!でもその前にちゃんと条件を確認!

【スポンサーリンク】


皆さんこんにちは!

 

クラウドソーシングでリライト作業を失敗して
クライアントをガッカリさせてしまった
TAKAHIROです。(実話)

 

あれ以来、
そのクライアントから発注が全く来ねえ…

 

まあ、こういう問題は必ずあるので
仕方がないんですが…
自分の実力不足にへこみます。

 

 

さて、そんなクラウドソーシング、
タスク作業を50個くらいこなすと
そろそろ飽きてくるというか
…単価が安くてやる気にならないとか…

 

そういった問題が出てきます。

 

タスクを50個もこなしたなら
50記事×1記事あたり500文字=25000文字
書いた計算になります。

 

 

それくらい経験を積んだら
そろそろプロジェクトをやってみましょう。

 

やはり稼ぐなら断然プロジェクトです。

 

プロジェクトで絶対に
稼げるようになるとも限りませんが、
タスクだけでは絶対に稼げません。

 

いつも通り仕事を探すページから
プロジェクトを探します。

 

プロジェクトはタスクと違って
様々な条件や制限がありますので
いい仕事があったらとりあえず
内容を確認してみましょう。

 

良い案件があったらクライアントに
「提案」というものをするのですが、
焦って提案をする前に
まずはいくつか注意点を確認しましょう。

 

 

■報酬額

 

言われなくても
まず見るとこだと思いますが…

 

タスク同様作業量と報酬が
釣り合っているかどうか確認しましょう。

 

プロジェクトだから報酬が高い
というわけではありません。

 

例えば1000文字×10記事で
報酬5000円だと
報酬自体はタスクの約10倍ですが、
作業量で考えると単価0.5円です。

 

これなら気が向いたときにできる
タスクのほうが良いです。

 

私はここを見落として最初の仕事は
時給250円くらいになりました。(笑)

 

 

ただし、やりやすそうな案件で、
プロジェクトに慣れたいという理由なら
いくら安くても特に問題ないと思います。

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

■締め切り

 

意外とタイトな締め切りを
設定しているクライアント様がいます。

 

こういうやつは意外と細かい…じゃなかった、
繊細なクライアント様が多いので
自信がないうちは
受けないほうがいいでしょう。

 

慣れないうちは結構時間がかかります。

 

余裕持った締め切りの案件を選びましょう。

 

 

■クライアントの評価・情報

 

一番大事です。

 

クライアントだって人間。

色々な野郎…げふん、方々がいらっしゃいます。

 

連絡が取れなくなったり

報酬を保留したり

突然条件変えて来たり!

最初から言えやボ〇!

 

…ちょっと過去の
トラウマが甦ってしまいました。

 

ちゃんと評価を見ないとこのような
トラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

 

さらにせっかく仕事を終えても
評価システムを理解せず低い評価を
付けてくるバ…クライアントもいます。

 

これら注意点をよく確認して
地雷クライアントに
当たらないようにしましょう。

 

時間の無駄ですし、
今後の仕事にも響きます。

 

次回はいよいよ実際の
プロジェクト受注編になります。


クラウドソーシング「ランサーズ」

 

【スポンサーリンク】