【uanci_e_cheer ワンチエケール イタリアン】長野市 ランチ

【uanci_e_cheer ワンチエケール イタリアン】長野市 ランチ

【スポンサーリンク】


みなさんこんにちは。

長野市に引っ越してきてからというもの、
美容院難民のTAKAHIROです。

なかなか新しい所で髪を切る勇気が出ません。

  • オシャレなお店は苦手です。
  • オッサンなので若い人がいる所も嫌です。
  • たくさん人がいる所も嫌です。
  • 女性客が多い所も嫌です。
  • お値段が高い所も嫌です。
  • でも技術の無い所も嫌です。

というわがままボディな僕の希望に沿う美容院を探すべく、
日々楽○ビューティやホット○ッパーと
にらめっこする日々が続いていました。

そんなある日、勇気を出して、
長野市の気になっていたヘアサロンを予約しました。

新しいお店って本当に緊張しますよね。

(どんな髪形をオーダーしようかな…)

(店員さんとうまく話せるかな…)

(「遺伝的にハゲますよ?」とか言われるかも)

(うわあ…めっちゃドキドキする)

と予約当日は朝から心拍数が急上昇。

まるで告白相手を待つ少女のように
(実際は30代後半のオッサンですが)
胸をときめかせて予約時刻を待ったのです。

そしてやってきた予約時刻!

震える手足を抑えながらお店の前まで行くと…

ん?なんか店内が暗い。

目の前まで行ってみると
お店の入り口には張り紙で

 

「本日臨時休業です」

 

なんでやねん!

 

予約までしてんだぞ!
どうなっとんねん!

と怒りに震えつつも、
小心者の僕は自分が予約を間違えたかと思い
何度も楽天ビ○ーティを確認。

(合ってる…)

仕方がなくお店に電話すると
「確認してませんでした」
という無情な一言。

多分長野市中を探しても、
予約したヘアサロンが臨時休業、なんて
数奇な運命をたどった人間は僕だけでしょう。

世界仰天○ュースに投稿したいくらいです。

無人のヘアサロンの前で数分間呆然としてしまいました。

諦めの悪い僕はサロンの中を
覗きましたがもちろん誰もいません。

この日から僕はホット○ッパー派になりました。

おしまい。

 

…嘘です。

ここで終わったら今回紹介するお店の方に
チョキで殴られてしまいます。

そろそろ前置きをやめて
本題に入りたいと思います。

700文字近く書いた僕の壮大で無駄な前置き。

毎回の事ですが、いったい僕は何を書きたいのでしょうか。

 

というわけで(無理矢理)本日訪れたのは
長野市にあるイタリアンのお店「uanci_e_cheer」です。

ピッツァ大好きな僕が
前々から気になっていたお店です。

 

ワンチエケール、と読みます。
なんかオシャレな響きですね。

店名の由来を聞こうと思ったのですが、
店長さんと話す機会がなかなかなく
「ブログに載せても良いですか?」
と聞くのが精一杯でした。

 

聞いた瞬間に店長さんが戸惑ったのが分かりました。

きっと何か危険な匂いを察知したのでしょう。

(こんな奴の書くブログ…?大丈夫か?)
多分こんな感じでしょう。

 

…店長さん、大正解です。

こんな好き勝手書くブログで
紹介されてしまいました。

だがもう遅い!
一応、許可はもらった!(笑)

 

さて、そんなワンチエケールの
ランチメニューですが、若干複雑です。

よくよく見ればもちろん分かりますが、
初めて行くとちょっと混乱するかも。

あくまで例えですが、
以下のような人はメニューを
理解するのに時間がかかるかも。

  • 30代後半で脳細胞が劣化し始めている
  • 収入の低い底辺ライター
  • 考えるよりも先に体が動くタイプ
  • 予約したヘアサロンが臨時休業になる

…僕の事じゃありません。
詮索は止めてください。

 

メニューを簡単に説明すると
まずは好きなピッツァを選んでそこに

  • +300円でデザート
  • +200円でドリンクバー
  • +100円でセットドリンク

を付けることができます。

なお、ピッツァにはすべて前菜が付きます。

 

13時以降になると
前菜とピッツァ、パスタがセットになる
コースランチ(1500円)と、

さらにドルチェとメインが付く
プレミアムランチコース(2000円)が
注文できるようです。

 

このお得なメニューに惹かれた僕は
次回は13時以降に来て、
このコースを注文しようと思いました。

※【2名様以上でのご利用になります】

めました。

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

お店

お店は長野駅前のドン・キホーテの横にある
大きな道路をまっすぐ行くと、末広町という
大きな五差路が見えてきます。

右に行くとアゲイン。

まっすぐ行くと
八十二銀行本店や中御所に出ますね。

その末広町の五差路に、
斜め右に入って行く若干小さい道があります。

そこをまっすぐ進むと左手側にお店が見えてきます。

 

雰囲気の良いお店です。
天気のいい日はテラスで食事、
というのもいいかもしれません。

 

もちろん僕はボッチなので絶対にテラスは利用しません。

オシャレなお店のテラス席で
オッサンのぼっち飯姿を道行く人に
晒すなんて誰も喜びませんし得しません。

 

日本語の弱い僕の説明では(※一応ライターです)
道がわかりにくいと思いますので、地図を貼っておきます。

このあたりは前回紹介したアヤカレーや膳など、
質の高いランチのお店が揃っています。

カレーに和食にイタリアン。

この通りには世界各国の料理が揃っています。

長野県から一歩も出ない県引きこもりの
ライターさんにはありがたい限りです。

 

おひとり様での入りやすさ・居心地の良さ

若干ですが、男性一人だと時間帯によっては
入りにくいかもしれないですね。

女性客率が高めです。

あくまで入りにくいだけであって、
入ってしまえばそこまで気にはなりません。

ただ、女性客が多めなのは覚悟して入ってください。

 

もちろん女性なら一人でも普通に入れます。

なので僕は次回来るときはちゃんと
女装していこうと思います。

 

お店の方にお願いです。

女装して入店してくる怪しいライターがいたら
警察を呼ばずに暖かい目で見守ってください。

多分長野市はそういう人、
多いので問題ないはずです。

 

…なんか今回僕の文章、
いつも以上に悪い方向に飛ばしてますね。

シラフのはずなんですけどね。

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

食べたメニューとお値段

ピッツァと言えばマルゲリータ!
これを食べればお店のレベルが分かる!

と舌バカのライターがほざいています。

というわけでマルゲリータ(前菜付き)です。

セットドリンクを付けたので1100円。

食べた印象としては
「優しい味付け」ですね。

決して薄い、という意味ではないんです。

ソースもチーズも味の強さというか変な癖がなく、
誰でも安心して食べられる味だと思います。

パンチが欲しい方はテーブルのオイルをかければ
辛味の強いスパイシーな味に変えられますよ。

生地はしっかりと焼きあがっていて香ばしく、
ソースがかかってなくてもおいしく食べられます。

 

このお店のピッツァの種類は22種類(間違ってたらごめんね)
あるので、何回来ても飽きません。

 

ちなみにピザじゃないです。
ピッツァです。

ピザはアメリカのデブが食うカロリー爆弾。

ピッツァはイタリアの人たちが食べる
オシャレな食べ物です。

イタリアンのお店で「ピザください」というと
多分石窯に放り込まれると思います。

このお店も例外ではありません。(多分ですが)

 

でも僕はどっちも好きです。

ピッツァとコーヒーもオシャレで素敵ですが、
ピザとコーラという人間をダメにする
悪魔の誘惑のごとき組み合わせも最高です。

まだまだピザとピッツァについて語りたいのですが
もうこの記事の文字数が3000文字を越えています。

 

すでに読むのをやめた人もいると思います。

書いてる方も限界よっ!

 

だからこの熱い思いは別の記事で書こうと思います。

思うだけで絶対に書きませんが。

 

気になった点

気になった点…

 

店内、僕の目の前に堂々と存在を主張する
「お子さん用の遊具」でしょうか。

※イメージ画像です(引用:Amazon)

…こんなような。

いや、まあ、的確な画像が見つからなかったのですが
お店に来れば僕の言っている意味が分かると思います。

 

別にこれが邪魔とかそういう悪い
イメージとかは一切ありません。

 

ただ…
オシャレな店内にぼっちのオッサンと子供用の遊具。

 

なんか物凄いシュールな
組み合わせだなあ、とは思いました。

なんか切なくなりました。

 

僕の目から溢れているのは汗でしょうか。

それとも毎日飲んでいる麦茶でしょうか。

それとも…文字数が危ないので以下略。

というわけで
気になった点なんてない!(笑)

…いつもの事です。

 

まとめ

3000文字以上もある
ランチ記事なんて誰が読むんだよ。

ワンチエケールの皆様。
本当にごめんなさい。

宣伝効果は限りなくゼロよっ!

もしかしたら記事は長いし
内容はわけわかんないしで
営業妨害になってしまったかも…

ただ、このブログ、
アクセス数も少ないサイトなので
被害は軽微かと思います。

安心してください。

 

ワンチエケールはランチタイムに
手軽でおいしいピッツァが食べられるお店です。

気張らず、気軽にふらっと
「今日はピッツァが食べたいなー」と
思ったら是非行ってみてください。

 

ちなみに、ご夫婦で経営されています。

そのため混雑時は提供に時間をいただくことがあるそうです。
(ってメニューに書いてあった)

そのため、多少時間に余裕をもって行くと、
お店もお客さん側も幸せな
ランチタイムが過ごせると思います。

 

大通りから少し離れた
静かな通りのお店でいただく本格ピッツァ。

女性同士でも、仲のいい仲間同士でも。

是非足を運んでみて下さい。

 

 

なんか毎度のことですが好き勝手書きました。

そろそろ長野市中の
飲食店から出禁くらいそうです。

そしたらおとなしく道端の草を摘んで食べます。

【スポンサーリンク】