【千成 寿司】長野市 ランチ

【千成 寿司】長野市 ランチ

【スポンサーリンク】


みなさんこんにちは。

今回はちゃんとしたお寿司屋さん
でちらし寿司ランチです。

 

回転ずし以外の
お寿司屋さんに入るって
なかなか無いので緊張しました。

 

ちなみに僕は30歳超えるまで
一人でお店に入れないという
超チキン野郎でした。

チェーン店ですら苦手でした。
初対面の人と話すと緊張しちゃうんです。

「あ、あのあの。こ、ここここの料理ください」

みたいになっちゃうんですよ。

 

でもなぜか30歳超えたあたりから
普通に入れるようになりました。

 

もう今では

「おい、ねえちゃん!ここのおすすめは何だい?」
「お、いいねえ!それをもらおうかHAHAHA!」

というイタリア人もびっくりの
テンションで注文ができるようになりました。

 

セリフは多少盛っていますが、事実です。

 

30歳前後に何があったんでしょうね。

特に思い当たる節は無いんですが。

 

タイムマシンが開発されたら
過去の自分を観察してみたいものです。

 

30歳過ぎてからコミュ障が
若干改善するという珍しい経過観察中の
TAKAHIROさんが今回やってきたのは
長野市駅前千成寿司。

 

でも実は現在でも
こういう寿司屋さんは苦手です。

 

こういう寿司屋さんって
カウンターに怖い大将がいるじゃないですか。

 

なんか効果音で言うと
「ゴゴゴゴゴゴ…」
みたいな空気をまとった
世紀末覇王みたいな顔の怖い大将が。

 

そんな世紀末覇王みたいな大将が

「へいらっしゃい!何しにきやがった!」

とか言うんでしょ?

 

そんなこと言われたら
気弱な僕は泣いてしまうかもしれません。

 

ですが結論から言うと
そんなことは言われませんでした。
(当たり前)

 

しかしもっと
衝撃的なことを言われました。

 

これに関しては後で
じっくり愚痴らせていただきます。

 

…って書くと誤解されちゃうな。(笑)

 

このブログのモットーは
「できるだけ誰も傷つけない」
と限りなくふわっとした
コンセプトのブログです。

 

だから本当にムカついたり、
腹が立つようなことがあれば
そもそも記事にしません。

 

だから安心して読んでくださいね。(笑)
いつも通りのネタです。

 

そろそろ話を戻しますね。

僕のブログ、良くも悪くも
前置きや余談に全力投球です。

 

このお店、前々から看板を見て
いつか行こうと思ってました。

駅前の大通りに
「ちらし寿司ランチ 700円!」
と看板が出ているんです。

700円は安いですね。

 

本格的なお寿司屋さんの
ちらしがこの価格で食べられます。

 

他にも

  • 刺身定食(980円)
  • うなぎ定食(1800円)

があるようです。

 

 

お店

 

お店は長野市駅前にあります。

 

長野市駅前、横断歩道を渡った
真正面に「東急REIホテル」ビルがあります。

最上階にジムがあるとかいう
不思議なホテルです。

 

その地下にお店があります。

 

以前紹介した担々麺・猿麻の横です。

 

こちらはどうやら支店のようですね。

この近くに
「千成寿司本店」がありました。

 

Googleマップで場所を調べてみましたが、
なぜか本店しか出なかったので
適当に矢印付けてみました。(笑)

 

赤い矢印のあたりにREIホテルが
あるんでその地下です。(適当だなあ・・・)

 

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

おひとり様での入りやすさ・居心地の良さ

普通のお寿司屋さんなので、
入りにくくはないですね。

 

逆を言えば普通のお寿司屋さんなので
年齢によっては入りにくいかもしれませんね。

 

30歳前の僕では絶対に入れませんでした。

 

店内は若干常連が多い雰囲気です。

そういう意味ではちょっと居づらさを感じます。

 

チェーン店ではないので
それはある意味当然なんですが。

 

 

食べたメニューとお値段

 

もちろん今回は看板に書いてあった
ちらし寿司700円を注文。

 

出てきたのはご覧の通りちらし寿司。

それ以上でもそれ以下でもありません。

 

大変申し訳ないんですが、
コメントしづらいほど
オーソドックスなちらし寿司です。

 

安定しています。

 

ベーシックです。

 

王道です。

 

実家のばあちゃんち行ったら
ミカンかリンゴが出て来た。

そんな安定感です。

 

見た目はちょっと
コメントしづらいほど地味
王道かつベーシックですが
味に関してはさすがはお寿司屋さん。

すごくおいしい。

 

とろりとした食感で、
ネタがすごく甘いです。

 

かっ〇寿司と比べると
口当たりや触感が全然違います。

 

…すみません、僕、普段寿司と言えば
〇っぱ寿司しか行かないので
か〇ぱ寿司としか比べられないのです。

もっと稼げるようになったら
く〇寿司やス〇ローに
行きたいと思います。(変わんねえ)

 

 

ここのちらし、
量は少なめで年配の方や
僕のような小食系男子には
ちょうどいい量です。

 

 

お値段も格安で、
ボリュームもそこそこ。

気楽に食べられるちらしです。

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

気になった点

 

聞いてください!

むしろここからが
この記事の本番です!

 

ものすごく
気になった点がありました!

 

ここのランチは以下の3種類。

  • ちらし寿司 700円
  • 刺身定食 980円
  • うなぎ  1800円

 

つまり選択肢が3つあるわけです。

もちろんこの日は一番の売りである
ちらしを食べに行きました。

 

ええ、そうですとも。

 

ちらし目当てですよ?

 

ちらしに決まってるじゃないですか。

 

別に刺身でもウナギでも
よかったんですよ?

でも売りはちらしです。

 

まずはちらし食べますよね?

 

ちらしを頼むことに
なんの違和感も抵抗もないです。

 

 

 

決してお金が無いとか
そんなアレじゃ無ですよ?

その気になれば月収はたいて
ウナギも食べられますよ?

 

そんな僕がお店の席に着く。

 

世紀末覇王みたいな顔した
大将がお茶を持ってきます。
(嘘です、普通の方ですよ)

 

時間はスーツ姿のサラリーマンで
混雑する平日のランチタイム。

その中でジーパンにシャツという
完全に浮いた格好の僕。

 

大将はそんな僕を見るなり一言。

 

 

 

「ちらしで?」

 

 

 

…はあ!?(若干切れ気味)

 

いや、確かにちらしなんだけども。

 

え、なに?イメージというか印象?

 

格好見て決めた?

 

 

刺身やうなぎを頼みそうには
見えなかったってか?

 

 

上等だこの野郎!

 

表出ろ!(笑)

 

 

世紀末覇王みたいな顔しやがって!
(くどいようですが嘘です。)

 

俺の北〇神拳奥義
夢想〇生を見せてやる!

 

…え、夢想〇生を知らない?

 

ええと…若者風に言うと

ゴム〇ムのエレ〇ァントガンを見せてやる!
…になるのかな?

 

 

とにかくかかってこい!

 

身長170cm、体重52kgの
ヘビー級TAKAHIROさんが
貴様をマットに沈めてくれるわ!

 

…と一瞬、憤った私。
(ここまでわずか0.5秒)

 

しかし冷静になって周りを見ると、
お客さん全員、
100%がちらしを食べていた。

 

よくよく考えたらランチタイムは
ほとんどの人がちらしを注文するよね。

 

だから大将に悪気はなく(あるわけがねえ)
自然の流れでそう聞いただけでしょう。

 

つまり、何が言いたいかと言うと…

 

 

 

貧乏人の被害妄想!(笑)

 

まとめ

 

長野市駅前の千成は
ランチタイムに700円で
ちらしずしを食べられるお店です。

 

お昼にお寿司って
なかなか食べられないですよね。

しかも700円。

 

僕の知る限りでは
長野市のランチの中では
今のところ2番目に安いです。

…たぶん。

 

イタリアンとかがっつりお肉とかも
良いですが、たまには
ちらしなんていかがでしょうか。

 

【スポンサーリンク】