初心者におすすめのカメラの選びとポイントをゆるーく解説!

初心者におすすめのカメラの選びとポイントをゆるーく解説!

【スポンサーリンク】


皆さんこんにちは!

今回は初心者のための
カメラ選びの記事です。

 

ただし、この記事はカメラ初心者が
カメラ初心者に向けて
解説した気になっている記事です。

 

難しい用語とか
正しい知識だとか
テクニカルな内容は
一切含まれません。

 

そして聞かれても

答えられません!

 

そういうことを知りたかったら
別のブログ読んでください。

 

カメラの詳しい解説を
しているブログは無数にあります。

この記事は不適格です。(笑)

 

この記事では
まともなカメラ選びはできません。

 

そして最後に今回買った
カメラを紹介しますが、
そのカメラも友人曰く
「ネタで買ったのか?」と言わしめるレベルです。

 

いいか、忠告したからな?(笑)

 

 

■スマホで写真を撮るのも限界!

僕は今までブログの写真は
すべてスマホで撮っていたんですが、
ここにきて急に
デジカメが欲しくなりました。

 

コンパクトな奴じゃなくて
バズーカ砲みたいに
レンズが出てくるいわゆる一眼レフ。

だから…

ええと…

写真は著作権があったりして
面倒だから絵にしてみました。

 

 

こういうやつね。

 

…え?

なんだかよくわかんねえ?

 

 

 

安心しろ。俺もだ。

 

でもなんとなくわかってもらえますよね?

 

とにかく
『かっちょええやつ』が欲しかったんです。

 

 

僕はライター業とは別に
物販事業をやっているのですが、
やっぱりスマホでは
接写とか画質に問題と言うか不都合が…

スマホも2年前の機種だし
そろそろ換えないとなあ…

 

もちろんスマホでも
ある程度のことはできるんですが
逆に言えばある程度の事しかできない。

 

そして何よりの大問題が…

 

 

『格好がつかない』
(やっぱりそこかよ)

 

 

やっぱり写真撮るときはちゃんとした
デジカメで撮ったほうがかっこいいですよね。

 

クリエイターっぽくなりますよね。

 

だからどこかのタイミングで
かっちょいいデジカメを
買おうと思っていたんです。

 

ですが、カメラについて全く分からない僕。

そんな僕がデジカメに
持っていたイメージと言えば

『クソ高い』

『バカ難しい』

ってイメージだったんです。

 

高くなくてシンプルでってなると
コンパクトカメラになるんですが、
「それならスマホでいいや」
ってなっちゃうわけですね。
(でも実はコンパクトも最近のはすごいんです!)

 

そんなこんなでスマホで
何とかして来た私。

 

ですがやはり1個くらい
いいやつが欲しいな、ってなったんです。

 

そこから僕の
カメラ探しが始まりました。

 

希望としては

  • 価格
    (限りなく安いやつ)
  • シンプル
    (限りなく難しくないやつ
  • かっちょええ
    (限りなくかっちょええ)

 

そんなカメラを探しました。

 

まあ、初心者なんてこんなもんですよ。

 

多分この記事を見ている人は
同じくカメラの事なんか
何も知らないド素人なはず。

 

画素数とか
シャッタースピードとか
わかりますか?

 

メーカーごとの特徴とか
言われてもわかりますか?

 

分からないですよね。
(ふ~やれやれ…タメイキー)

 

 

F値とかセンサーサイズとか
お前ら初心者にわかりますか?
(↑こいつもド素人)

 

分からないですよね。

 

でしょうね?
(ふ~ヤレヤレ)

 

そういう機能は必要な人が
必要になったら
買えばいいんです。

 

 

僕らのような

「使用用途は決まってない」
「けどかっちょええカメラが欲しい!」

 

ってカメラ初心者はそんな固有名詞で
カメラを選んでたら
いつまで経っても買えんのやで!

 

もっとシンプルに!

 

もっとわかりやすく!

 

 

そんな基準でカメラを探しました。

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

■カメラを選ぶ際、重視するポイントを解説

僕が今回カメラを買う際に
重視したポイントです。

 

解説とか書いておきながら、
冒頭でも書いたように参考になるような
解説は1個も出てこない!

 

それだけは約束しよう!

 

でも初心者だからこそ!

君たち初心者の気持ちが
分かるカメラ選びができる!

 

難しい単語が一切
出てこないカメラ選び記事!

 

斬新すぎる!
(自画自賛)

 

 

 

では、初心者がカメラを選ぶポイント!

 

  • 価格!
  • 画素数!
  • ズーム倍率!
  • 一眼レフかどうか

 

これならだれでもわかるだろ!?

どうせ他の機能があっても
お前らじゃ使いこなせん!

 

 

俺も無理だ!

 

そんな使い切れない機能で
ばか高いカメラ買っても無駄だし、
そもそも買わないだろう!

 

センサーカメラやファインダーの
ために5万も6万も出せるかっ!?

 

出せないだろっ!?

 

俺は出せない!

 

え、出せる?

 

うんそうか。

 

もう一度言う。

 

俺は出せない!

 

 

価格

まずは何といっても価格。

使いこなせない機能に何万も出せない。

出せないって単語を
何回使ったかわからないけど
とにかく出せない!

 

理想は3万円以内。

カメラに詳しい人からは
「は?舐めてんの?」
と怒られそうな予算。

 

でも実は3万前後出せば
コンパクトカメラ含めて意外と
性能の高い機種は買える模様。

なので初心者は3万前後の
予算で考えておくといいですよ。

 

ネタでもなんでもなく、3万円程度出せば
必要十分な機能のカメラは買えます。

 

 

画素数

俺やお前らのような
ど素人にもわかりやすい数字。

 

それが画素数。

 

「画素数高い=すげー」

こうだろ!?

 

こう思ってんだろ!?

まあ、まちがってない。

 

 

でも実は画素数は
1000万~1500万画素前後あれば十分。

 

編集でトリミングしたり、
等身大ポスターを製作したり
しないなら十分!

 

つまり現在市販されている
カメラなら何でもいいってことだ。
(暴論)

 

現在販売されているカメラで
1000万画素以下なんて
カメラ無いから安心しろ。

 

つまり何買ってもいいってことだ。
(暴論)

 

ズーム倍率

 

どれだけズームできるか。

これも10倍~40倍あれば
何でもいいんじゃねえかと。

 

倍率を上げれば上げるほど
視野が狭くなるし、撮影のぶれも
大きくなって撮影難度が上がる。

 

カメラスタンド使ったり、
ブレが出ないように撮影する
テクニックもない貴様らド素人が…
(以下略)

 

「カメラなんでもいいから欲しいな~♡」

とか考えてる頭の中がお花畑の人間に
40倍以上のズームを使いこなせる
テクニックがあるとは思えん。

 

 

そう、つまり俺の事だ。

 

 

 

20倍あれば通常の撮影なら十分。

でも実際、40倍ズームなんて使わん。

 

個人的には20倍前後あれば
入門機としては十分だ。

 

最近のカメラは大体20倍近い
ズームが付いている。

 

つまりなんでも(以下略)

 

 

コンデジか一眼レフか

コンデジっていうのはこういうカメラな。

 

どうだ、わかりやすいだろう。

さっき昼寝した後に3分ほどかけて作った力作だ。

…むしろ3分もかかったんか…(困惑)

 

一方、一眼レフは冒頭で説明したこういうの。

 

 

…え、冒頭のを使いまわすなって?

 

よく見ろ馬鹿めがっ!

レンズ部分にズームが
追加されとるわ!

 

無駄な容量使ってボケてみた!(笑)

 

 

これに関しては
できれば一眼レフ。

 

なぜならかっちょいいから。

 

コンデジだったら
スマホでいいじゃん!

 

僕は写真を撮りたいんじゃないんだ!

 

かっちぇええカメラで
写真を撮りたいんだ!

 

 

と言うわけで3万円以内で
一眼レフっぽいかっちょいいいの、
というむちゃくちゃな
希望を持って電気屋さんに向かう。

 

■そんなわがままボディな僕の目に留まったのはNikon B500

 

さすがにそんなわがままに
応えるような機種は…

 

…あった。

 

それがこの「Nikon B500」。

 

 

実売価格19000円~23000円ほど。

3万円もしない!

素晴らしい!

 

でも実はこれ、一眼レフじゃない。

一眼レフっぽい
立派なコンデジだ。

 

けど一眼レフっぽい。

 

かっちょええじゃないか。

 

非常にかっちょええ。

 

同じど素人相手なら
決して安物には見えんじゃろ。

 

一目ぼれして購入。

 

ずっしりと重い感触が
気分を高揚させ、
俺を篠山〇信に変身させる。

 

だが、彼のように合法的に
素晴らしい被写体を
撮る方法がわからない俺は
おとなしく風景を撮る。

 

 

こんな写真が撮れる。

うん、俺の2年前に買った
スマホより断然綺麗…な気がする。

 

 

 

だが、もっとすげえのがこれだ!

 

 

40倍ズームを使うと
なんと月のクレーターまで撮れる。

 

こいつはすげえ!

夢中になってベランダから
月に向かって写真を撮りまくる。

 

途中、目の前の道路をパトカーが通る。

やましいことは一切ないが一応中断。

 

 

なんてこった。

写真って
こんなに楽しい物だったのか。

 

ありがとうB500!

そしてこれからもよろしくB500!

 

【送料無料】 ニコン B500 コンパクトデジタルカメラ COOLPIX(クールピクス) ブラック

価格:20,763円
(2018/10/31 22:55時点)
感想(3件)

■まとめ

 

え~…なんか変なテンションに
なっちゃったので強制的に
記事を切り上げたいと思います。(笑)

 

 

でも2万円ちょっとでこれだけ
見栄えと性能の良いカメラが
買えるのは驚きですよね。

 

  • コンパクトカメラじゃかっこ付かない!
  • でも値段が高いのは嫌!
  • 難しいのも嫌!

 

そんなわがままボディなあなたには
ピッタリな機種です。

 

「カメラと遊ぶ」

まずはこんな目的で買っても
いいんじゃないでしょうか。

2万円前後ならおもちゃとして
決して高すぎることはないはず。

 

もちろんこのカメラで
物足りなくなってきたら
その時は10万円くらい出して
いい奴を買えばいいんです。

 

まずはカメラと遊ぶ。

こんな機種はいかがですか?

 

 

【スポンサーリンク】