敬老の日も過ぎたことだし、うちの老人についても考えてみる 老人虐待はほどほどに

敬老の日も過ぎたことだし、うちの老人についても考えてみる 老人虐待はほどほどに

【スポンサーリンク】


皆さんこんにちは。

敬老の日も
過ぎてしまいました。
(とっくにな)

 

僕の祖父母はもう亡くなっているので
敬老の日は僕には関係が無い
イベントだと思っていました。

 

ところが僕は
忘れていたのです。

 

僕にはまだ一人、
敬うべき老人がいたことを。

 

敬老の日も過ぎたことだし、
うちもたまには
老人を敬ってやるとするか。

 

さっきから「うちの老人」「うちの老人」
連呼しているとなんだか
老人虐待しているみたいですね。

 

なので最初にネタバラシから
しちゃいましょうか。

 

はい、これがうちの老人です。

 

 

その名も富士通FMV、E8280!

 

 

 

  • 2009年製造!
  • インテルCORE Duo2搭載!
  • メモリ2GB!

 

そして本来Windows VISTAが
入っていたやつに無理やり
Windows10をぶち込むという
超ハイスペック(?)PC!

 

僕の仕事は文字を打つことなので、
パソコンに
高いスペックは必要ないんです。

 

極端な話、簡単なネットサーフィンと
ワードができれば
仕事に支障はないんです。

 

PC98でも仕事が
できるかもしれません。
(できるか!)

 

…え、PC98知らない?

 

さてはおぬし、10代か20代だな。

 

キャン○ーだよキ○ンビー。

 

…知らないか。(笑)

 

 

まあ、そんな大○康夫な話は置いといて、
とにかく適当なスペックでも問題ないんです。

 

なので、ライター業を始めた数年前、
できる限り初期投資を抑えようと
メルカリで人身売買してきました。
(誤解を招きそう)

 

たしか3万円くらいで
買って来たんですが…

 

何とこのジジイ、
この数年の間に数百万円は
稼いでくれています。

 

 

ジジイ最高です。

コスパ最強。

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

しかしさすがに製造から9年。

 

お年なのか、動作が鈍いです。

 

リウマチなのか、寒い朝は特に
動作がのろいです。

 

例えば朝、オフィスに着いて
ジジイを起こします。

 

 

ジジイの電源オーーン!

 

俺「じいさん、今日も頑張ろうな!」

G「お…おう、ちょっと待っとれ」

 

ぶい~ん…

待つこと1分。

Windows画面が出る。

 

このおじいちゃん、目覚めは早い。

さすがは老人だ。

 

Windows画面が出るまでなら
自宅にある2015年製のパソコンより早い。

 

すげえなジジイ。

 

 

しかし問題はここからだ。

 

Windows画面が出てから
WEB画面を開いて使えるように
なるまでが異常に遅いのだ。

 

 

俺「おい!ジジイ!まだか!」

G「ま、待ってくれ…そんなすぐには…」

俺「はやくしろ!仕事にならん!(バンバン)」

G「き、きーぼーどを叩かんでくれ…」

俺「うるせえ!さっさとGoogleマップ出せ!」

G「えええ…朝一でそんな重労働は…」

俺「うるさい!早くしろ!(バンバン)」

G「はあ…はあ…」

俺「いつまでもくるくるしてんじゃねえ!」

G「ひいいいいい…」

 

という老人虐待風景が毎朝続いています。

 

 

ちなみにくるくるとはこれな。

 

マックで言うとこれな。

 

朝一じゃなくても
タブを4つ開いたりすると
読み込みで全部くるくるする。

 

Googleマップで調べものをしようとすると、
起動から1時間くらい、
たっぷりとウォーミングアップ
させないとマップの拡大ができない。

関節でも痛むんだろうなきっと。

 

Googleマップがモザイク模様に
なったままうんともすんとも
言わなくなります。

 

G「………」

俺「…おい、ジジイ。」

G「…ン?……」

俺「おい!(マウスくるくる~)」

G「…ウン…マッテ…」

俺「早くしろ!駅前のお店の画像出せ!」

G「…オウ…マカセンシャイ…」

俺「…ったく。早くしろよな…」

G「………」

俺「おおおおおいっ!」

 

毎朝こんな感じ。

はっきり言ってやってられない。(笑)

 

 

しかも最近では認知症も進み、
シャットダウン時に
不穏なメッセージも出やがる。

 

俺「おい、今日はもう休ませてやる」

G「はあ…はあ…すまんのう…」

俺「…ちっ。明日も早いからな。」
(シャットダウン~)

 

G「………」

俺「おい、ジジイ?」

G「………」

俺「おい、ジジイ?」

G「………」

「おい、ジジイ!」

 

 

G「hfhkヅfhの命令が00000000100のメモリを参照しました。」

 

俺「(ビクッ!)…え、ジジイ?」

 

G「メモリがWrittenになることはできません」

 

俺「え…あの…ジ…おじいちゃん?」

G「………ちっ。」(シャットダウン~)

俺「…(…ドキドキ)

 

毎回シャットダウン時にこれでは
僕の心臓が持ちません。

このあたりから真剣に
買い替えを検討し始めました。

 

今年中に買えば経費になるし!

 

よしっ!

 

こんなクソジジイとはおさらばして
ぴちぴちのハイスペックマシンを買うぞ!

 

そう決意しました。

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

とは言ったものの、
11月現在でも実は買い替えてません。

 

もちろんPCジジイの認知症は
少しずつ進行しているようで、
最近ではなにもない時に
突然フリーズします。

 

なのに僕がこのジジイを
見捨てられない理由。

 

このジジイ。

 

3日に1回くらいの
割合で若返るんです。

まるで幽遊〇書の幻〇師範です。

 

 

俺(そろそろ換え時かなあ…)

俺(引退させるか…電源ポチー)

俺(引退させて静かな余生を…ん?)

 

G(?)「おはようTAKAHIRO。」

 

俺「お、おう、おはよう。」

 

G(?)「Windows、WEB、ともに準備できたよ」

G(?)「さあ、今日は何から調べる?」

 

俺「んな張り切るなよ。」

俺「どうせWEB開いたって(カチャカチャ…)」

 

 

俺「な…なんだと!」

俺「Googleマップがサクサク表示される…」

俺「タブを5つ開いてもこのスムーズな動作…」

 

G(?)「ふ…こんなの文字通り朝飯前さ。」

 

俺(まだ働ける…のか?)

 

 

余りの快適さに
買い替えの決意が揺らぐ。

 

なんせ動作の遅さを除けば
数年間使用して使い慣れた愛機。

 

買い替えたいわけじゃない。

 

またこのジジイが
良いタイミングで若返るんだ。

「今日の帰りに新しいの見てこよう」
ってタイミングで若返る。

 

そんなこんなで若返り爺のせいで
未だにPCを買い替えられないでいる。

 

 

まあ、使えるうちは使っておくか…
(電源ポチー)

 

 

G「…………」

 

 

 

おおいっ!(笑)

 

【スポンサーリンク】