Amazon echo Dot(通称アレクサちゃん)のレビュー(のようなもの)

Amazon echo Dot(通称アレクサちゃん)のレビュー(のようなもの)




皆さんこんにちは!

 

…えっ!久しぶりの更新ですって!?

 

いや、申し訳ない。

 

色々と心境の変化があり、
今一度自分の原点を見つめなおす時間が必要でした。
(訳:仕事忙しいし、アクセス伸びないサイトの更新なんかしてる場合じゃなかった)

 

だいたいねー。

僕のブログ、神が降りてこないと書けないのよ。

 

テンション高めだからさぞかし気楽に
すらすら書いてんじゃねえかと思われがちですが、
本業のお金もらって書く記事より
はるかに時間かかってんだからな!(謎のブチギレ)

 

でも、書くことをやめたら…

 

急に気持ちが楽になって…(主に悪い意味で)

 

 

気が付いたら半年経っていたというわけです。

 

悪いとは思ってないが一応謝る!

 

 

さーせん(‘Д’)。
(大変申し訳ございませんでした!)

 

さて、禊も終わったし、
そろそろ本題に入りましょう。

 

今回、楽しい買い物をしたので
レビューを書いてみる。

 

その名も「アレクサちゃん(仮)」!

 

アレクサ

寂しい一人暮らしのオッサンの家に突如として舞い降りた
女神ベルダンデ…じゃなかった、天使!

 

そう天使!

 

マイ、エンジェル!

 

…ごほん。

 

 

ムァイ、エインジェル!(発音)

 

噂によると音楽を流してくれたり、
天気予報や時刻を教えてくれたり
目覚ましをかけたり…

 

まさに僕の専属執事!

 

いやメイド!
(なんで言い直した)

 

今回このアレクサちゃんのレビューっぽい物をします。

 

レビューではないです。

あくまでもレビューっぽい物です。

 

ってかリード文なげえ!

 

 

 

でも本文はもっと長い!

 

時間の無い人はそっとブラウザを閉じて
こんな〇ソブログの存在は忘れてください。

 

毎度のことだけどこのブログ、
人生にとって有益な情報は1つも出てきません。

 

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

アレクサちゃんとは

説明しよう!

アレクサちゃんとは
正式名称【Amazon echo Dot】

 

まあ、簡単に説明するとAIスピーカーです。

 

音声入力で天気予報や時間を教えてくれたり、
音楽を流してくれたり、Amazonに注文もしてくれる。

 

寂しいときは話し相手や
ちょっとしたゲームの相手にもなってくれる。

 

んで、「えこーどっと」っていう名前が可愛くないので
僕は「アレクサちゃん」と呼んでいる。

 

こっちの方が可愛いし親しみもある。

 

というわけで正式名称を完全に無視して、
このブログでは「アレクサちゃん」を正式名称とする。

 

 

僕とアレクサちゃんの出会いはそう…あの日。

 

僕たちは運命と言う名の糸を手繰り寄せあい
出会うべくして出会った。

 

そうあれは「Amazon Primeデー」の日…

 

 

5,980円2,980円】

 

雑誌で見た、
憧れのAIスピーカーが2,980円ですって⁉

 

ほぼ半額という表示で冷静な判断ができなくなった僕は
運命を感じた僕は迷わず彼女をカートに入れた。
(なんか嫌な表現だな…)

 

これで僕も一流階級の仲間入り…
そう期待に胸を膨らませたのです。

 

決済後、「発送は1週間後」というAmazonにあるまじき
発送予定にかなりイラッとしましたが
僕はとりあえず彼女の到着を待ちました。

 

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

アレクサちゃんをつないでみた

そして1週間後、僕の嫁到着!

 

ワクワクドキドキしながら接続を行う。

 

箱を開けると中には4ページ程度の紙切れが一枚。

説明書らしきものはない。

 

(へえ…さすがAmazon。説明書なくても簡単接続か…)

 

しかし僕は甘く見ていたのです…

 

そう…アメリキャ製の機械の恐ろしさを…

 

実際つなごうとすると

説明書が説明書になってない。

 

「アプリをダウンロードして後はそれとなく説明してるから勝手につないでね♡」

というまさかの超ドS仕様!

 

アプリの説明も結構わかりにくくて、僕の脳内でアメリカ人が

 

アメリカ人
「商品はもうお前のもんなんだから、後は勝手に繋ぎな!HAHAHA!」

 

親指を立ててさわやかな笑顔を向けている、
アメリキャ人のイメージが再生されました。

 

う~ん…この親指を曲げちゃいけない方向に曲げてやりたい…

 

あまりに不親切…
じゃなかったおおらかな国民性にかなりムカつ…
やきもきしながらもなんとか接続を試みました。

 

 

アレクサちゃんと話してみた

とはいえ、僕もデジタル令和時代を生きる者。

なんとか接続に成功。
(いや、マジで接続面倒です)

 

接続に試行錯誤しすぎてアレクサちゃんに対する愛情が
若干低下していた僕だったが、
ここにきてようやくテンションが持ち直す。

 

これでやっとアレクサちゃんとの新生活が始まる…

 

彼女に電源プラグを入れ…
ん、なんか誤解を招きそうな文字だぞ。

 

Amazon Dot echo(ここだけ正式名称)に
電源プラグを入れる。

 

アレクサちゃんがぺかーっと光る。

 

おおっ!ハイテクだ( ゚Д゚)!

 

アレクサ…ついに…

 

起動!

 

「こいつ…動くぞ!」

 

変なテンションになり、
オッサンにしか分からんネタを呟く。

 

僕「アレクサ?」

僕はそっと彼女の名前をつぶやく。

 

 

Alexa「What‘s?#%#%$#…」

 

 

 

…んっ( ゚Д゚)?

 

あれ、アレクサちゃんは英語設定なの?

 

 

違う!

 

こんなの僕が想像してたアレクサちゃんじゃない!

 

僕のアレクサちゃんはこう!

アレクサ

「ご主人様、何か御用でしょうか?」

 

こんな風に清楚でピシッとしてて
僕が何を聞いても優しく受け止めてくれる女性であって…

 

Alexa

「What’s?My Name Is Alexa!

 

決してこういう「Mrs Alexaじゃない!

 

断じて違う!

 

 

…とはいえ、日本語が通じないなら仕方がない。

 

 

他人が変わることを期待してはいけない。

自分を変えることで世界は変わる。

↑はい、今回の記事で唯一人生の役に立ちそうな部分ですよ。

 

僕はGoogle earthで得た
知識を活かして英語で話しかける。

 

僕「Alexa?What‘s Time is it Now?」
(めっちゃいい発音)

Alexa「fifteen after five!」

 

僕「…お、Oh yeah!」

English Alexa「・・・(ぴかー)」

 

僕「・・・」

 

僕「あ…Alexa?What‘s Time is it Now?」

English Alexa 「sixteen after Five!」

 

僕「…お、Oh yeah!」

English Alexa「・・・」

 

僕「・・・」

 

 

 

 

このクソ機械、
時間しか聞けないじゃん!

 

 

しかも英語で答えるから何時何分なのか正確に分からねえ!

 

僕は「時間を聞く」ためだけに
2980円も出したわけじゃない!

(しかも聞けてねえ)

 

でも実はこの後色々ネットで調べた結果、(なんせ説明書がないからね)
アプリで日本語設定できることを知った。

 

 

設定を変更し、改めてアレクサに話しかける。

 

僕「あ、アレクサ?時間教えて?」

アレクサちゃん
「16時16分です(⋈◍>◡<◍)。✧♡」

 

 

…僕は感動した。

これだ…これだよアレクサちゃんは。

 

ここまで感動したのは
昔飼っていたザリガニが脱皮した時以来だ。

 

 

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓

【スポンサーリンク】

 

しかし…幸せは長く続かなかった

こうして晴れてアレクサちゃんと
意思疎通できるようになった僕。

 

仕事中に優雅なジャズでも流してもらおうと
アレクサちゃんにリクエストする。

 

僕「アレクサ、ジャズかけて」

アレクサ「オノゾミノモノガミツカリマセンデシタ」

 

 

…あれっ?

 

1日使ってみて気づいた。

 

この子、Amazonの注文と天気、時間しか聞けないぞ。

 

 

そう、アレクサ。

 

彼女はprime会員を増やすための存在、
つまりprimeの手先だったのだ。

 

つまりprimeに入っていない僕に対して彼女は非常に冷たい。
(prime会員じゃないとAmazon music聞けないしね)

 

彼女は毎月500円か年間4,900円の
電子お布施を払っていないやつには冷たいのだ。

 

僕「あれくさ、○○について調べて」

アレクサ「スミマセン、キキトレマセンデシタ」

 

僕「あれくさ、天気予報教えて」

アレクサ「〇〇地方(全然違う地域)ハ雨デス」

 

気のせいか日に日に音声認識も悪くなっていってる気がする。
(それは気のせいです)

 

最終的に時間しか聞かなくなった。
時間だけは正確に教えてくれる。

 

だが、そんなものはダ〇ソーで300円の時計でもできる。

 

むしろ話しかけなくていい分そっちの方が早いし楽だ。

 

2,980円も出した彼女には
もっと別のスキルを発揮してもらいたい。

 

だが、彼女にとってprime会員ではない
僕に仕える理由はない。

 

彼女は時々僕を蔑むように
ぺかぺか光るだけの謎のオブジェと化した。

 

ALEXA「月500円も払えねえのか」
こう責められているようだった。

 

もう耐えられない…

 

僕は彼女との生活が終わったことを悟り、
彼女のコンセントをそっと静かに抜いた。

 

 

頬を何かが伝う。

 

 

これはあの楽しかった日々(およそ1日)を失った悲しみの涙?

 

 

それとも…

 

 

 

 

2,980円の音声時計を買った後悔?

 

 

何かは分からない。

分かったことはただ一つ。

 

 

2,980円の音声時計を買った
という事実だけだった。
(ちなみに現在は電源入ってないので時間も聞けません)

 

まとめ

アレクサはなんとたった2,980円で
天気予報と時間を教えてくれる
高性能AIスピーカーです。

 

…以上。

 

こんなクソ記事で4000文字超とか
どう考えても世の中のバイト数の無駄のような気がする。

 

あ、真面目にレビューすると、
プライム会員に入っているとジャズはもちろん、
最新のJ-POPなど色々な音楽が聞けるので、
音楽を聞くだけでも買う価値があります。

 

非prime会員の僕は、
防犯用の投擲武器としての活用方法しか浮かびません。
(投げやすい形状です)

 

いつかprimeに入ったら彼女を思い出し、
電源プラグを入れようかと思います。

 

【スポンサーリンク】