長野県 おやき巡り 【1.生坂村 かあさん家】

長野県 おやき巡り 【1.生坂村 かあさん家】

【スポンサーリンク】


みなさんこんにちは!
実はおやきはちょっと苦手、
TAKAHIROです。

…じゃあなんでこんな記事にチャレンジした、
って話ですがだからこそ
おいしいおやきに出会いたいんです。

そんなわけで記念すべき
おやき巡り第一回目は
長野県東筑摩郡 生坂村にある
「かあさん家」のおやきです。

インパクトがあるので
おやき巡り記事全体の
アイキャッチ画像にも使用しています。

ここのおやきは【灰焼きおやき】
といって非常に有名なおやきです。

おやきは直売所で売っていますが、
併設されている食堂で
うどんや山賊焼き定食なども
食べられるようです。

 

■アクセス

かあさん家は冒頭でお話しした通り、
東筑摩郡生坂村にあります。

地図でいうと
安曇野市の北側、お隣です。

安曇野市から長野市に
国道19号で向かう途中にある村です。

かあさん家自体は国道沿いではなく、
国道から一本入った
生坂村役場へ向かう道沿いにあります。

国道に「生坂村役場」という看板が
ありますのでそれを頼りに行けば
迷うことはまずないと思います。

周りに何もないので(生坂村のみなさんすみません)
観光がてらついでに寄る、というよりは
ここのおやき目当てで
来ることになると思います。

…あ、観光地じゃないですが、
TAKAHIROの家が近くにありますね。

興味ありませんか、そうですか。

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓



 

■おやき実食

取材当日は朝一番に行きましたが、
すでにお客さんが結構来ていて
お目当てのおやきは
売り切れ寸前でした。
(10:00だったので
これからまだ作るとは思いますが)

ここのおやきは「灰焼きおやき」と
呼ばれるおやきで、具を皮で包んだ後、
ほかのおやきのように
鉄板で焼くのではなく、
囲炉裏の灰の中に入れて焼き上げます。

そのため、高温でしっかりと
焼き上げられた皮はパリパリ
というより「バリバリ」です。

いや、ガチガチに近いかもしれません。
フランスパンより
もう少し固い生地を想像してください。

大きさも非常に大きく、
野球のボールくらいあります。

1個250円でほかのお店より
ちょっとお高めですが、
大きさを考えればむしろ安いですね。

最初見たときは凶器かと思いました。
相手に投げて当てれば
確実に討ち取れます。(笑)

なす・野沢菜・ミックス・あんこが
あるようですが、
この日はミックスだけでした。

さっそく車内で食べてみましたが、
灰焼きおやき最大の特徴である
バリバリ、ガチガチの皮が絶品です。

噛みごたえがあって、
粉の味がしっかり感じられます。

上質なフランスパンを
食べているようでした。

というよりフランスパンより
おいしいと思います。

まずこの皮にハマります。

だけど30代の私でも
あごが疲れるほど固いです…
ご年配の方は注意してくださいね。

中身はミックスなので
様々な具がぎっしり入っていました。

味は甘味が非常に強いです。

ほかのお店でも甘みの
強い具材を使っているお店はありますが、
それらと比べても甘味は強めです。

そのため、好き嫌いは
多少分かれそうな感じでしたね。

…ああ、中身の写真撮り忘れた。
というわけで中身は実際食べてからのお楽しみで。
…すみません!

 

■まとめ

皮が非常に固く、大きさも
巨大なため食べごたえがあります。

1個だけでもおやつというより
主食になるくらいのボリュームです。

生坂村の奥地(生坂村の方に失礼ですね)に
あるので何かのついでに
気軽に寄れる場所ではありませんが、
これだけのために
車を走らせる価値は十分にあると思います。

売り切れるのも早そうなので
できる限り早く行くことをお勧めします。

最後に、ここのおやきに
関しては2つほど注意点があります。

紙袋に入れてくれますが、
油が染み出しやすいので
バッグなどに入れる際は注意。

あと、くどいようですが、
皮がとにかく半端なく固いので
歯が弱い方は注意してください

かあさん家
〒399-7201
長野県東筑摩郡生坂村 5049-1
TEL:0263-69-3431
FAX:0263-69-3432
営業時間10:00~16:00
月曜日定休


【スポンサーリンク】