長野県 おやき巡り 【3.安曇野市 うしこし】

長野県 おやき巡り 【3.安曇野市 うしこし】

【スポンサーリンク】


みなさんこんにちは!
奥の深いおやきの世界でさまようTAKAHIROです。

調べれば調べるほど
売っているお店が出てきて取材しきれません。

本業の合間を縫っていろいろ取材するので
ゆっくりとお付き合いください。

今回も安曇野の有名店のご紹介、【うしこし】です。

ここのおやきは「石焼きおやき」という製法で、
石焼き窯で焼き上げた香ばしい皮が特徴です。

ほかで紹介した灰焼きおやきと同じくらいパリッとした皮で
食べごたえがあって非常においしいおやきです。

 

■アクセス

場所がちょっとわかりづらいです。

安曇野市の安曇野インターチェンジを
降りた先の十字路を右折します。

国道19号と田沢駅がある方向です。

その道を少し進むと左手側に
大きなエプソンさんの工場が見えてきます。

そのエプソンさんの工場前の
十字路を左折。(エプソンさんの工場に入っていくような感じです)

するとエプソンさんの工場正面玄関が
見えてきますのでその手前のちょっと狭い道を右折。

そのまままっすぐ行くと看板が見えてきますので
その看板通りに左折するとすぐ見えてきます。

かなりわかりづらいので最終的には
誰かに聞いたりするのが一番だと思います。
カーナビがあれば一番ですけど。

タクシーならまず間違いなく
運転手さんが知っていると思います。
それくらいの有名店です。

近くに観光地はありません。

なので理想的なルートとしては観光帰りの最終日、
安曇野インターチェンジに乗る前に
買って帰るのが理想ですが…

超有名&人気店なので帰る頃の時間には
売り切れていておやきが
買えないというジレンマ…(笑)

やっぱり朝一からここのおやき目当てに
車を走らせるしかなさそうです。

↓↓↓広告の下に記事の続きがあります↓↓↓



 

■おやき実食

お店に入ると石で焼かれた
おやきの香ばしい香りが店内に
充満していて食欲をそそります。

焼きたてのパン生地の香りに近いですね。

においをかぐだけでも行く価値はあります。
(お店の人に迷惑なのでちゃんと買いましょう)

メニューは
・野沢菜
・激辛
・野菜ミックス
・切り干し大根
・あんこ
・かぼちゃ
・チーズ
・黒糖
の8種類です。

どれも1個220円です。

かなり迷いましたが、ここは基本の野沢菜と、
甘い物が食べたかったのでかぼちゃをチョイス。

野沢菜を割ってみます。

皮が非常に固くもちもちしているので
割るのに一苦労です。

苦労して割ると中から
出てきたのは…野沢菜。(当たり前ですね)

なんというか…いかにもおやき、という感じです。

基本に忠実というか何の変哲もないというか…
いや、いい意味です。

みなさんが想像する
【おやきはこういうものだよ】というものを
形にするとこんな中身になるんじゃないでしょうか。

でも皮は変哲があります(日本語の使い方あってますか?)

石で焼いた皮はとにかくパリパリの
もっちりで噛みごたえがあります。

年配の方は注意したほうがいいですね。
香ばしくてコクもあって…焼きたてのパンのようです。

中身は非常に…
優しい味わいで…
素朴で…
田舎の味付けというか…
何というか…

なんというか薄い!
味が薄い!

塩気が薄く、例えるなら砂漠の蜃気楼のようにおぼろげで
儚い塩気が遥か彼方でこちらに
向かってアピールしています。(ソムリエ風)

若い人にはちょっと物足りないかも…
私は濃い味付けを好みませんが、それでも薄い。

カボチャも食べてみましたが、
やはり何光年か先の惑星で甘味が我々の到着を
待っているかのような儚い甘味でした。(ソムリエ風)

食べた後、口の中で塩気や甘味を探して、
しばらくおやきを手にフリーズしてしまいました。

逆に年配の方にはちょうどいい塩梅だと思います。

※…どうやらほかの方のブログなどを読んでみたところ、
8種類の味の中でも1.2の薄味をチョイスしてしまったようです。
チーズ、黒糖、激辛あたりは味付けも濃く
若い人向けらしいので今度食べてきます。

これから買われる方は参考にしてみてください。

 

■まとめ

とにかく皮がおいしいおやきです。
この皮の風味と味をぜひ一度味わってもらいたいです。

あとは味のチョイスを間違えなければ
間違いなくおいしいおやきですね。

誤解があるといけないので書きますが、
今回食べた野沢菜もカボチャも
おいしくなかったわけではありません。

ただ、味が薄いので私の好みではなかっただけの話です。

おやきは特に皮の焼き方や厚み、
具材の味付けが店によって全く異なるので、
はっきりと好みがわかれる食べ物だと思います。

今回はそれがうまくマッチしなかったのです。

次回はほかの味にチャレンジして本当の
うしこしの魅力を味わってこようと思います。

このお店も人気店なので
午後になると売り切れることも多いですし、
何よりお店に漂う焼きたておやきの香りをかぐためにも
午前中に行くことをお勧めします。

休憩所も併設されているので、
ゆっくりおしゃべりをしながら
全種類を食べていくのも楽しいと思いますよ。

【うしこし】
〒399‐8203長野県安曇野市豊科田沢7038-21
tel.0263-72-6318
9:30~売切れ次第終了
水曜定休



【スポンサーリンク】