1.個人事業主になるには

1.個人事業主になるには

【スポンサーリンク】


こんにちは!
2018年より個人事業主になる(予定)のTAKAHIROです。

 

ちなみにこの記事を書いている
現時点(2017年8月)ではまだ準備段階です。

 

つまりまだ個人事業主にすらなっていないので
あまり偉そうなことは書けません。

 

だけどだからこそ初心者の方にとって
身近なアドバイスができるんじゃないかと思っています。

 

自分が準備に向けて必要だと思ったこと、
無駄になったかもしれないけどやってみたことなどを
ありのままに書きます。

 

そのため、無駄な話も多いかもしれませんが
あくまで実体験なのでご容赦ください。

 

さて、皆さんは個人事業主になる方法ってご存知ですか?

会社を興すのと同じで物凄く難しそうなイメージですよね?

 

私も最初個人事業主を目指したころは頭の中に
「税理士…約款…お金がかかる…」
なんてキーワードがグルグルしていました。

 

確かに会社を興す、要するに法人化するには
税理士さんに担当になってもらったり、
約款を設定したり、印紙代やらなにやらで
30万前後のお金がかかったりしてしまいます。

 

だけど個人事業主というのはなるだけなら本当に簡単です。

 

■お住まいに地域の税務署に行って「個人事業の開業届出書」を提出(開業後一か月以内)
■各都道府県税事務所と市区町村役場それぞれに「事業開始等申告書」を提出
■時期や確定申告の方法によっては税務署に「所得税の青色申告承認申請書」を提出
※青色申告承認申請書は青色申告する方のみ提出です。
開業2か月以内か、年初3月15日までに提出してください。
白色申告で確定申告を行う方は不要です。

 

と、多くても書類4枚、3ステップで終了します。

たったこれだけであなたは今日から個人事業主!

人生の大海原を「実力主義」とか「自己責任」とかっていう名の
オールで漕ぎだしちゃってください!

 

名刺に勝手に
「代表」とか
「ハイ〇ーメディアクリエイター(古いな…)」とか
書いちゃっても誰も何も言いません!

 

・・・あ、ちなみに法人ではないので
勝手に「社長」と書くとアウトです。

 

…とまあ、そんなこんなで本当に
なるだけなら簡単なんですが、
何の準備も事前勉強もせずに
「事業主になっちゃえー!」
をやってしまうと後々死ぬことになります…

私は早めに気づいたので
来年の確定申告時も大けが程度で済みそうです。

このことに関しては次回の記事で詳しく書きますが。

 

特に控除が65万も受けられるからと言って
青色申告承認申請書を
よくよく考えずに出した日には…目も当てられません。

年末あたりにその方は間違いなく死にます。(たぶんね)

 

個人事業主というのは面倒なことも
全部自分でやらなければならない究極の自己責任です。

間違っていても、やり忘れていても
誰も教えてくれませんし、
指摘してくれません。

 

だからそうなる前に
私が失敗して皆さんに伝えます。(笑)

 

現在進行形で書いていきますので、
これから個人事業主になりたいと思っている方、
是非このブログを読んで私を踏み台にして
勉強してくださるとうれしいです。

 

次回は個人事業主になるための準備編です。

 

【スポンサーリンク】