5.会計ソフトのメリット・デメリット

5.会計ソフトのメリット・デメリット

【スポンサーリンク】


みなさんこんにちは!

歯間ブラシにハマっている男、TAKAHIROです。

でも、これってやり過ぎると
すきっ歯になるらしいので
皆さん注意してくださいね。

 

さて前回会計ソフトってなんぞや、と
いう話をしましたね。

 

今回は実際の会計ソフト
そのものについてです。

 

前回、面倒な確定申告を簡単にするために
会計ソフトを導入するんだよ、って話はしましたね。

 

じゃあ実際導入するにはどうすればいいか。

 

まず、会計ソフトには2種類あります。

 

一つ目は会計ソフトパッケージ版。

 

これは店頭などで買ってきて、
自宅のPCにインストールして使うタイプ。

 

もう一つが現在主流になりつつあるクラウド型会計ソフト。

オンライン上で帳簿がつけられるタイプです。

 

パッケージ型のメリット

  • 一度買えば維持費、固定費ゼロ
  • 自分のPCに入っているのでセキュリティ面で安心

 

デメリットは

  • PCが死んだら帳簿も吹っ飛ぶ。
    一蓮托生。そして確定申告時に持ち主が死ぬ。(笑)
  • 毎年法改正があるため古い会計ソフトは使えない
  • 買わないといけないのでお試しで使えない

 

一方クラウド型会計ソフトのメリット

  • クラウド上にあるので
    PCが死んでもデータはノーダメージ
  • 法改正などに即時対応するのでシステムが古くならない
  • 〇日間無料、といったお試し版があり、
    とりあえず試すといったことが可能

 

デメリットは

  • 固定費、維持費がかかる(毎月数百円~)
  • 会計ソフト会社のクラウドに
    自社の経営データがあり、
    セキュリティ面で不安が残る

こうしてみるとクラウド型の方に
メリットが多い気がしますね。

 

固定費って言っても
パッケージ型が15000円近くする上に
数年に1回買い替えることを考えたら
そこまで高いわけでもないし。

 

セキュリティ面の不安たって、
じゃあ自宅のPCは絶対に安心か?っつー話ですよ。

 

だいたい我々弱小個人事業主の
経営データなんて流出したって
笑いのネタくらいにしかなりません。

 

一部上場の会社にしてから
心配しろっつー話ですよ。(笑)

 

というわけで初めて会計ソフトを導入するなら
クラウド型が良いと思います。

 

お試しとか、もしくは登録したけど使わなかった、と
なったら即時解約できますし。

 

現在評判がいいクラウド型会計ソフトは3つですね。

  • freee(フリー)
  • MF(マネーフォワード)
  • やよいオンライン

 

サービスや価格は微妙に異なりますが、
基本的にできることは変わらないので
すべてお試しで使ってみて
直感的に選んでしまって構わないと思います。

お試し版で操作に慣れてみるのもお勧めです。



何にしても一刻も早く導入して、
本番前に入力の仕方とかに慣れておく必要があります。

 

これに関しては私も勉強中なので教えられません。

 

勘定科目「売上」「雑収入」くらいしか
使ってません(だめじゃん)

 

一か月やそこらでは
なかなか難しいので早めに準備しましょう。

 

会計ソフトを使いこなせれば
青色申告なんて怖くないです。

 

なんせ全自動でデータを作ってくれるので、
あとは印刷して税務署に行くだけです。

 

来年までには
使いこなせるようにしておきたいと思います。

 

まあ、私のようにライター業は
仕入れとかほとんどないので
収入と支出の分類が狭いので楽っちゃあ楽です。

 

【スポンサーリンク】