クラウド会計ソフトの豪華すぎるおまけが送られてきた(笑)

クラウド会計ソフトの豪華すぎるおまけが送られてきた(笑)

【スポンサーリンク】


皆さんこんにちは。

働きすぎで右手首の関節が怪しいTAKAHIROです。
さて、去年どこかの記事で書きましたが、私は「クラウド会計ソフト」というものを使っています。
これはその名の通り、パソコンにインストールするパッケージ型の会計ソフトではなく、
クラウド上にデータを保管して管理してくれる会計ソフトです。

会計ソフトのメリットは ・帳簿付けが楽 ・帳簿付けしておけば必要なデータが自動的に作成されるので
確定申告が楽 ・事業収支のデータなども自動的にグラフ化してくれる と様々なメリットがあります。

私は毎日帳簿に仕訳内容だけ入力しておけば後は全て会計ソフトがやってくれますので
余計なことに頭を悩ませること無く仕事に集中できます。

この会計ソフト、去年までは真面目に使っていなかったので仕訳件数に制限のある無料版を使っていました。
ですが、今年から青色申告に切り替え、しっかりと帳簿を管理する必要が出てきたため、年8800円の有料版に切り替えました。

ちなみに様々な会計ソフトのメーカーがありますが私が使っているのはMFクラウドという所です。

この費用はしっかりと経費にするので別に構わないのですが、 有料版にしたことでこの会計ソフト会社からあるおまけが送られてきました。
確定申告のやり方や帳簿付けのコツ、MFの使い方などが網羅されたマニュアルのような冊子です。

どうやら有料版に切り替えた人に対するお礼というかおまけのようなものらしいですが、 この冊子が非常に豪華です。
本屋で買えば2000円近くしそうなちゃんとした本です。 もはやおまけの域を超えています。

内容も大変ためになる内容です。

特に会計ソフトは簿記を持っていない人や会計ソフトに不慣れな人は使い方が分かりません、(私がそうでした)
そのため使い方マニュアルは非常にうれしいですね。
会計ソフトは早いうちから導入して使い方に慣れておいたほうが良いと思います。
青色申告する人もしない人も帳簿付けが非常に楽になります。

事業主なら使用料は経費にできますし。
今まで領収書やレシートの山とノートやエクセルを付け合わせて唸っていた方は是非使ってみてください。
毎日の管理や月々の管理、年一の申告手続きが非常に楽になりますよ。

確かに使い方を覚えるまでが大変ですが、使っていくうちに慣れます。
私も適当に使っているだけですが、半月ほどで不自由のないレベルまで覚えられました。

ただ、私が収支の単純なライター業だからということもあります。

・収入
・経費
・支出
基本的にはこの3つしかないですからね。

仕入れなどの項目が増えてくる小売業だとちょっと覚えるまでに時間がかかりそうです。

しかし仕訳件数が多くなる人にこそ使ってほしいです。

ノートや自己流のエクセルだと一度計算が合わなくなると延々と原因探しに時間取られますし。
会計ソフトならその異常も自動的に発見してくれます。
今まで使ったことがないという方は是非一度検討してみてください。

 

私は確定申告が怖いのでさっさと使い始めました。

毎日ちゃんと仕訳していれば確定申告用の書類もほぼ自動的に作成されて印刷するだけでOKらしいです。
年8800円で手間や悩みから解放されるなら安いものですね。

 

深夜の疲れた頭で書くと支離滅裂で文章にまとまりがないですね。
こんなんでこのブログから仕事を依頼しようなんて奇特な方がいるのでしょうか。(笑)

今日は14時間ほど文章を書いています。 文字数にして約10000文字。
さすがに疲れました。 早く単価の高い仕事が欲しいものです。 〇〇歳になってこの時間までPCと向かい合うって辛い。(笑)



それではみなさん良い週末を。  

【スポンサーリンク】