シャンプーと髪の毛について

シャンプーと髪の毛について

【スポンサーリンク】


皆さんこんにちは!
家系的には怪しい体質ですが、
まだまだなんとか毛髪を
保っている若作りライター
TAKAHIROです。

 

遺伝的にはおでこから
砂漠化が広がっていくようです。

いずれ来るであろう砂漠化が
怖くて仕方がありません。(笑)

 

シャンプー市場ってここ数年、
特にノンシリコンシャンプーが
出始めてから一気に伸びましたね。

昔は数種類くらいしか
なかったのに。

 

30代後半のオッサンが言う
昔はメ〇ットとか〇ィモテとかが
主流の時代です。

 

今はドラッグストアや
ドンキ〇ーテに行くと
物凄い数のシャンプーが
置いてありますよね。

 

しかも売れ筋はノンシリコン系の
700~1000円以上の
いわゆる「高価格帯」。

 

中には2000円を超える
ようなものもあるようです。

 

 

しつこいようですがオッサンたちの
若い頃の主流はメ〇ットで、
300円位でしたよ。

 

 

たくさん置いてあるだけでなく、
次から次へと新商品が発売されています。

 

シャンプー市場というのは
消費者の美容意識や
男性のヘアケア意識の高まりとともに
堅調に推移していて、2016年は
約4400憶円ほどだそうです。

 

堅調に推移してい居るということは
2017年はさらに
拡大するということでしょう。

 

まあ、ほとんどの人が
毎日絶対に使うものですし、
そういった意味では
この数字も決して驚くものではありません。

 

当たり前ですが、
毎日使う物とか定期的に使う物って
一回気に入ってしまえば
延々と購入・消費され続けるわけです。

 

化粧品などもそうですね。
皆さんも化粧品やシャンプーが
無くなるたびにメーカーを
変えたりしないでしょう。

 

特に日本人は「習慣」という意識が強く、
いったん決まった物は
安易に換えない傾向のある民族です。

 

そういった意味で化粧品や
シャンプー業界というのは
「当たればでかい」
市場です。

 

各メーカーが必死になって
新商品を投入するのは
ある意味ごく自然なことでしょう。

 

 

…と、ここまで難しい話をしましたが、
私の言いたいことはこんなことじゃあないんです。
「シャンプー多すぎる!」
と声を大にして言いたい。

 

 

そもそも人間は選択肢が多いと
ストレスを感じる生き物です。

 

皆さんも何十種類もある中から
好きなの選べと言われたら
散々悩んだ挙句に

 

「もうどれでもいいよ…まったく」

 

って気持ちになるとき
ありませんか?

 

もしくは大事なデートに行く前に
何十種類もクローゼットから
服を出してあれこれ
コーデしているうちに

 

「もうなんでもいいや…まったく」

 

とかなりませんか?
…なりませんか。そーですか。

 

私はしょっちゅうです。(笑)

 

 

そんなこんなでシャンプーは
ちょっと多すぎますね。

 

しかも定期的に新商品が出ます。

1本使いきらないうちに
新商品が出るから
いくら使っても全種類コンプできない。

これじゃあいつまでたっても
どれが一番自分に合っているのか分からない!

 

そんな私の現在のシャンプーはアルジェランです。
泡立ちが良く匂いも強くないのでお勧めです。
…ステマではないです。

 

良いシャンプーを使い続けていると
健康な髪の毛を保つことができますよ。

 

【被験者データ】

性別 30代男性
(168センチ51キロ、常にカロリー不足気味)

髪質 固くて細め
(毛髪量は今のところ多い)

髪色 レッド系ブラウン
(自宅で染めてるのでまだらな模様)

好きなシャンプーの傾向
オシャレなデザインのものを
好む傾向にある
(女子力高めなパッケージに惹かれる)

この髪の毛を10年後も保つぞ!(笑)

 

【スポンサーリンク】