荒野行動~knives out~というゲームアプリにどっぷりハマっている

荒野行動~knives out~というゲームアプリにどっぷりハマっている

【スポンサーリンク】


皆さんは
「knives out 荒野行動」
というゲームをご存知でしょうか。

スマホでできるFPSゲームアプリです。

簡単に言えば100人のプレイヤーが
広大なフィールドの中で
最後の1人になるまで戦い続ける
バトルロワイヤルです。

スマホとは思えないほどのクオリティで、
筆者もどっぷりハマっています。

今回はそんな荒野行動のレビューです。

荒野行動とはどんなゲームか

なにが魅力なのか

どうやって遊ぶのか

今密かにブームが起きている
荒野行動の魅力を徹底的に解説します。

 

■荒野行動とは

まず荒野行動とはどんなゲームなのか。

・ようするにバトルロワイヤル
・100人ほどのプレイヤーが一斉に降り立つ
・あちこちに武器や乗り物が置いてある
・マシンガン、ライフル、スナイパーライフルなど
・それを拾って他のプレイヤーを撃つ
・最後の一人になれば勝ち
・タッグや5人チーム戦もあり

基本は
FPS(ファーストパーソンシューティング)
という
自分視点で銃を撃ち合う
ゲームシステムです。

100人程のプレイヤーが
最後の一人になるまで撃ち合います。

序盤は他のプレイヤーに注意し、
たまに聞こえる銃撃音や足音、
エンジン音におびえながら
武器などのアイテムをかき集めます。

途中でボケっとした他のプレイヤーを
拾った武器で撃ちぬいたり、
逆に殺る気満々の
強力装備のプレイヤーを避けるために
どこかに身を隠しやり過ごします。

こういった行動を繰り返して、
最終的に
最後の一人になるのが目的です。

このゲームのポイントは
「敵を倒すこと」
ではなく
「最後まで生き残ること」
です。

極端な話、最後の2人になるまで
一切の戦闘を避け、
最後の一人を倒せば勝利です。

エリア外にならなければ
開始から最後まで民家で
かくれんぼしていたっていいんです。

戦闘は楽しいですが、
当然撃たれる可能性も
格段に上がります。

銃撃音を聞かれたり、
移動で他のプレイヤーに
見つかりやすくなり、
生き残る確率は低くなります。

戦闘を楽しむ人
こっそり隙を伺う人
何にも考えていない人

いろんな100人のプレイヤーがいる
混沌としたフィールドを
駆け抜けるゲームです。

 

■荒野行動の遊び方

そんな荒野行動の遊び方ですが、
説明すると以下の7手順です。

・ヘリから好きな場所へ飛び降りる
・民家に入って武器や防具を拾う
・他のプレイヤーに注意する
・他の人を見つけたら逃げるか撃つ
・だんだん行動範囲が狭くなる
・範囲外にならないよう移動する
・最後の1人になるまで戦う

プレイヤーたちはまず
広大なフィールドに
ヘリで運ばれます。

プレイヤーたちはそのヘリから
好きなタイミングで
パラシュートを使って飛び降ります。

好きなポイントに降りたあと、
まずは各地に点在する建物の中に入ります。

建物の中には以下のアイテムが落ちています。

〇各種武器、弾薬
〇防具(レベル1~3まである)
〇回復アイテム(回復量は様々)
〇衣装(撮らなくても良い)
〇スコープ(2倍から15倍まで)

アイテムは基本建物の中にしかないので、
あちこち回ってアイテムをかき集めます。

たくさんの建物を回って
たくさんアイテムを集めるほど
戦闘が有利になります。

ですが、あまりウロチョロすると
他のプレイヤーと鉢合わせになって
戦闘になる可能性が高くなります。

もちろん倒せればいいんですが、
逆に倒されるとその場で
ゲームオーバーです。

また、銃撃音や足音などは
他のプレイヤーに察知されてしまいます。

あんまり派手にバンバンやっていると
他のプレイヤーに居場所を特定されて
スナイパーライフルで
頭打ち抜かれて即死、なんてことも。

広大なフィールドとはいえ、
100人もいると意外と
あちこちで鉢合わせになってしまうので、
いかに他のプレイヤーを避けつつ
アイテムを集めるかが序盤では重要です。

もちろん積極的に殺戮行為に走ってもOKです。

実際そんな考え方の好戦的な
プレイヤーもうじゃうじゃいます。

私は隠れてこそこそしながら
生き延びるスタイルが好きなので
写真のように常に
しゃがみ移動しながら
人目を避けてます。

プレイスタイルは
かくれんぼに近いですね。
勝つというよりは生き残る、に
重点を置いてます。

基本的に無用な戦闘は避けますが、
無防備にうろうろしている人がいたら
もちろん撃ちます。

中盤になると、
活動可能エリアが狭まります。

活動できるフィールドの範囲が
どんどん狭くなります。

エリア外になると
ゲームオーバーになるため、
中盤以降はエリア内に入るために
リスク承知で
移動しなければなりません。

しかし動き回ればその分
見つかる可能性も高くなります。

序盤の建物探索
中盤の生存可能エリアへの移動

この2つでかなりの人数が
撃たれて消えていきます。(笑)

終盤戦になると
動ける範囲はほとんどなくなり、
最終的には絶対に隠れられないような
狭い範囲の中で2~5人が
撃ち合うという過酷な状況になります。

そこの撃ち合いで
最後の一人になった人が勝ちです。

このゲームで最後の一人になることを
「ドン勝」と言います。

このドン勝を目指してプレイします。

100人全員で最後の一人になるまで戦う
シングルモードのほかに、

〇2人チームのタッグ、
〇4人チームのスクワッド
〇5人チームのクインテッド
〇射撃場(練習場)
〇各種イベント
※執筆時点では視界の悪い夜戦でした
※その前はスナイパーライフルしか出ないモード

というように、遊び方も様々。

チーム戦も友達がいなければ
ログインしているプレイヤー同士で
勝手に組んでくれます。

いい意味でも悪い意味でも
とんでもないのが
味方になることも多いですが、
それもまた楽しみ方の一つです。

私は以前、チーム仲間に
なぜか車ごと爆破されました。

その方の名前は絶対に忘れません。(笑)

というように、ハプニング満載の荒野行動。

本当に下手なゲーム機よりも
完成度が高く楽しめるゲームです。

■荒野行動の魅力

そんな荒野行動ですが、
以下の要素が主な魅力です。

・いつ、どこで撃たれるか
分からないドキドキ感

・敵を見つけて
気づかれないよう撃つドキドキ感

・課金要素はほぼなし
(課金しなくても不利にならない)

・着せ替え要素あり

・仲間と一緒に
チャットしながら戦場に立つ楽しさ

ゲームが始まると、
100人のプレイヤー全員が
フィールドのどこかで
銃を片手に息をひそめています。

中には何も考えず
うろうろしている人もいますが、
そういう人は
早々に撃たれて消えていきます。

民家に入ったら
先人がいて鉢合わせの銃撃戦。

森に入ったら
小陰に隠れていたプレイヤーに撃たれた

中には運よく
超遠距離スコープを入手し、
絶対にこちらは見つけられない
数百m先から
狙撃してくるプレイヤーもいます。

気が付くとあの世行き。
この緊張感が楽しいです。

逆にこっちが先に
相手を見つけたときもドキドキします。

気付かれないようにしゃがんだり
伏せたりして相手に銃口をそっと向けます。

もし外したら当然気づかれますし、
撃ち返される可能性があります。

そうならないよう慎重に
相手の頭を狙って…ズドン!

ヘッドショットで相手を
一発で倒せたときは手が震えます。

ちなみに撃ったら早々に
その場所を離れないと
銃撃音で他のプレイヤーに気づかれます。

荒野行動はアプリゲームにしては
珍しく課金要素がありません。

正確に言うと課金はできますが、
してもゲーム自体は有利になりません。

このゲームの課金要素は全て
「着せ替え」ができるというだけです。

可愛い衣装や格好いい衣装、
ネタ装備で
戦場に出られるというだけです。

普通アプリゲームでは
課金すると有利になります。

しかし荒野行動では
課金しても衣装が変えられるだけです。

能力には何の影響もありませんから、
課金しても有利にはなりません。

むしろ衣装を変えると
戦場でかなり目立つので、
課金すると逆に不利になります。(笑)

ちなみに課金しなくても
遊ぶたびにもらえるお金などで

こういう恰好はできます。

私もほとんど課金していないので、

某急便会社の社員みたいな
地味な恰好でうろうろしています。

課金すると
ウエディングドレスやタキシード、
着ぐるみ姿で戦場を走り回れます。

もちろん目立つので
生存率は低くなりますが、
好きな格好で戦場を
走り回るのはひたすら楽しいです。

こういった着せ替え要素も
荒野行動の楽しみ方です。

最後はボイスチャット。
荒野行動はマイクを使って
他の人とボイスチャットをしながら遊べます。

ボイスチャットで
知らない人とチーム戦で協力しても良し。

ゲームと関係ない話題で
盛り上がっても良し。

撃たれた時の悲鳴を
聞かせる(聞かせられる)も良し。

人と話すのに抵抗がなければ
ボイスチャットも楽しみの一つですよ。

私は恥ずかしいので
一度もボイスチャットを
ONにしたことはありません。

ひたすら無言で
戦闘マシーンのように動いています。

■荒野行動の悪い点

荒野行動で悪い点は
特に見当たりません。

細かいことを言い出すと
きりがありませんが、
無料で遊べることを考えると
文句を言うほどではありません。

ただ、このゲームに限らず
オンライン系のゲームには
「マナーの悪い人」
がいます。

チーム戦なのに仲間の邪魔をする人。
自分を撃った相手に暴言を吐く人。

こればかりはオンライン系ゲームの
宿命なので仕方がないのですが、
真面目にやっているときに限って
こういう方が現れるので
ちょっと悲しくなります。

それ以外は特に不満点はないですね。
強いて言えば
時々サーバーが落ちるくらいでしょうか。

あ、寝る時間が無くなります。(笑)

■まとめ

いかがだったでしょうか。

荒野行動はFPSに
かくれんぼの要素をプラスした
バトルロワイヤルゲームです。

いつ撃たれるかわからないドキドキ感

相手に気づかれずに打つドキドキ感

仲間と勝ち残るドキドキ感

そんなドキドキ感が満載のゲームです。

今回伝えきれなかった魅力も満載なので、
こういったゲームが好きな方は
是非一度ダウンロードしてみてください。

あ、もし本当に始めた方がいたら
メールをください。
私の名前を伝えますので、
フレンドになって是非一緒にやりましょう。

【スポンサーリンク】